効果絶大なお尻歩き!

皆さんは「お尻歩き」をという運動をご存じでしょうか?
これはその名のとおり、床に座った状態でお尻を動かして前進をする運動のことです。

モデルの道端カレンさんも産後にこの運動を取り入れダイエットされたそうです。
今回はそんな効果絶大なお尻歩き運動をご紹介したいと思います。

お尻歩きの効果

お尻歩きをすることの最大のメリットは、歪んだ骨盤を元に戻してくれる、骨盤矯正効果があることです。
私たちは普段、生活の中で体が歪んでしまうようなことを無意識のうちにやってしまいがちです。
例えば、椅子に座るときについ足を組んでしまうという方は骨盤が歪んでしまってることが多いので要注意です。

骨盤というのは、腰にあって体の中心にあり、胃や腸などの内臓を支える受け皿のような役割をしています。
しかしながら先程のように足を組む癖があり骨盤が曲がってしまうと、骨盤が受け皿としての役割を果たせなくなり、内臓も正しい位置からずれてしまう事があります。
骨盤が歪んで開いてしまうと内臓の位置は下がってきてしまい、内臓の位置が下がると下腹がポッコリしてしまう原因にもなります。
また下腹が出てしまうと体のラインも崩れてしまいますよね。
お尻歩きはそんな骨盤のゆがみを正して、内臓を元の正しい位置に戻すことで、ポッコリお腹を解消することができるのです。

太りにくい身体作りにも効果を発揮

お尻歩きをして骨盤を正しい位置に戻すと、関連する体の奥にある大腰筋や腸骨筋を含めた腸腰筋を鍛えることができます。
筋肉を鍛えてその量が増えてくると、消費エネルギーが多くなり基礎代謝が上がります。
ですので体の表面の筋肉とインナーマッスルを鍛えて筋肉量を増やすと基礎代謝が上がり、結果として太りにくい身体つくりをすることが出来るのです。

またインナーマッスルを鍛えることは身体の奥の血行の改善にもつながるので、その結果身体の奥から温まり冷えやコリが解消されやすくなります。
特に冬場には寒さで身体が冷えると内臓器官を保護するために血流はお腹周りに集中しやすくなってしまい、その結果、手足が冷える末端冷え性なども起こしやすくなってしまうのです。
お尻歩きによって鍛えられる筋肉の腸腰筋のお陰でお腹も温まりやすくなり、末端にまで血液が回りやすく成りますのでこの末端冷え性の改善にも効果を発揮してくれます。

先ほどご紹介したとおりお尻歩きは骨盤の歪みを直してくれる効果がありますが、これによって便秘の改善にも効果を発揮します。
骨盤が歪んで内臓が歪むと大腸の中で便の通りが悪くなって排出されにくくなり、便秘を引き起こす原因にもなります。
また骨盤の歪みによって便秘や血行が悪くなると、老廃物や毒素が体の外へ排出できなくなり、むくみも生じます。
お尻歩きによって骨盤のゆがみが矯正され血行促進と便秘解消されると、むくみも一緒に解消されます。

お尻歩きの効果、いかがでしたでしょうか。
ダイエットをしたい方や便秘、むくみ、冷えの解消など、女性にとってはどれも嬉しい効果ばかりですよね!
手軽に自宅でも始めることが出来るお尻歩き、あなたも始めてみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

朝活トレーニングは様々な効果があった

筋トレは働いている人であれば、仕事の後が最適という意見は多いでしょう。他にも外資系に勤めている人の中には、ラ…

アソビル屋上「マルチスポーツコート」にて一流アスリートが指導するスポーツ教室が開講!

株式会社アカツキライブエンターテインメントは、「アソビル」屋上マルチスポーツコートにてスポーツ教室プログラム…

今年の目標に運動不足解消の人へ。運動を継続的にやっていく心得

運動をしてもモチベーションが続かなくてすぐにやめてしまう。三日坊主になりがちにあなたに読んでもらいたい。