アメリカメジャーリーグでは長い歴史の中で野球殿堂がありますね。
日本のプロ野球でも野球殿堂があるように、アメリカメジャーリーグでも
野球殿堂があります。
今回はメジャーリーグでの野球殿堂について、少しですが紹介したいと思います。

条件

アメリカ野球殿堂入りの条件
 殿堂入り選考の対象となるのは、MLBで10年以上プレーした選手のうち、引退後5年以上が経過した選手。
 選考対象となった選手は全米野球記者協会(BBWAA)の適性審査委員会で殿堂入り候補者とするか否かが議論される。候補者として認められると、殿堂入りの可否を問う投票にかけられる。BBWAAに10年以上所属している記者に投票資格が与えられ、通常25~40人の候補者のうち最大10人までの名前を書いて投票する。得票率75%以上の候補者が殿堂入りとなる。得票率5%以下の候補者はその回限りで候補から外される。得票率5~75%の候補者は次年度の審査・選考に持ち越されるが、10回目までに75%の得票が得られなければ11回目からは候補から外されます。

特典

■殿堂博物館への展示
殿堂入り選手は、アメリカ野球殿堂博物館にレリーフが展示されます。

このレリーフは選手の偉大な功績を称え、後世までその記憶を保つ役割を果たします。

ファンにとって、これらの展示は野球史の一部と触れ合う貴重な機会です。

選手自身にとっても、この栄誉はキャリアの集大成となります。

■生涯パスと特典
殿堂入り選手には、MLBの全試合への生涯パスが与えられます。

また、殿堂入りイベントへの無料旅行や宿泊が提供されることもあります。

さらに、年間2万ドルの給付金や家族への終身健康保険が適用される場合もあります。

これらは、長年の努力と成功を讃えるものです。

■選手のレガシー
殿堂入りは、選手のレガシーを永続させる重要な要素です。

これは、選手が野球界に与えた影響を称え、記憶に留めるためのものです。

選手自身の名誉だけでなく、野球史における彼らの位置づけを確立します。

この栄誉は、野球界への貢献を超えた社会的な影響も持つことがあります

関連するまとめ

いぶし銀ドラゴンズ

名古屋出張なのでいぶし銀シリーズはドラゴンズ。ほぼ主観ですがオーダーを組んで見ました。

アメイジング!謎すぎるプロ野球マスコットをご紹介

誰得なマスコットが今ブームになりつつあります。

岩永美月

ソフトボールをずっとやってきたので野球大好きです。
12球団のホーム球場制覇まで、残すは日ハムのみ。
日ハムの新球場完成したら観戦しに行って、12球団のホーム球場制覇してみせます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポーツドリンク特集

スポーツドリンク特集