みなさんこんにちは
2023年のプロ野球も終わり色々ありましたね。
特にFAでは西部の山川選手の人的補償でホークスのどの選手が選ばれるのか。結果、甲斐野投手となりました。
FA宣言すると年俸のランクによっては人的補償が選択される可能性もあるので、ファンとしても複雑な部分もあるかと思います。
今回は2024年にFAを取得する選手を少しですが紹介したいと思います。

2024年FA取得選手

【阪神】
青柳晃洋、坂本誠志郎、大山悠輔、糸原健斗、原口文仁

【DeNA】
京田陽太、佐野恵太

【巨人】
高梨雄平、大城卓三、重信慎之介

【ヤクルト】
高梨裕稔、小川泰弘

【中日】
岡田俊哉、福谷浩司、木下拓哉

【オリックス】
平野佳寿

【ロッテ】
美馬学、西野勇士

【ソフトバンク】
有原航平、石川柊太、甲斐拓也、牧原大成

【楽天】
酒居知史、田中和基

【西武】
増田達至

【日本ハム】
玉井大翔、石井一成、江越大賀

阪神は投打の柱が

38年ぶりの日本一に輝いた阪神は、順当なら投打の主力がFA権を取得する見込み。2023年は全試合4番として出場し、最高出塁率のタイトルも獲得した大山悠輔は、球団から複数年契約の提示を受けたが2億8000万円で単年契約を結んだ。

昨季は8勝どまりだったが、2021、22年に2年連続最多勝の実績を持つ青柳晃洋は2億1000万円で契約を更改。両者とも実績は申し分ないだけにFA宣言すれば争奪戦に発展しそうだが、人気球団の阪神から出ていく例は少ない。年俸が高いこともネックになりそうで、流出の可能性は低いと見られる。

ホークスは育成出身者が

パ・リーグで目を引くのはソフトバンク勢だ。石川柊太はパワーカーブを武器に2020年に最多勝と最高勝率に輝いた右腕だが、2023年は4勝に終わり3000万円ダウンの1億2000万円で契約を更改。資金力があり待遇面で恵まれているソフトバンクから流出する例は少ないため移籍の可能性は低いと見るのが妥当だが、果たしてどうなるか。

甲斐拓也も複数年の提示を辞退して2億1000万円で単年契約を結んでおり、去就が注目される。逆に牧原大成は3年契約を結んでいる。

関連するまとめ

ベイスターズ、優勝への道2018 vol.09 〜GW9連戦開始!まずは中日戦〜

1つ1つの勝ち星が今年こそ日本一につながると信じて 『4月28~30日、中日ドラゴンズ戦』

レフトに大きな壁【グリーンモンスター】

フェンウェイ・パークは、特徴的なフィールドの形でも良く知られています。

全国大学野球選手権開幕!私が注目する2校を紹介!

なかなかいつもと違う顔ぶれが揃いましたよ!

関連するキーワード

岩永美月

ソフトボールをずっとやってきたので野球大好きです。
12球団のホーム球場制覇まで、残すは日ハムのみ。
日ハムの新球場完成したら観戦しに行って、12球団のホーム球場制覇してみせます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

アンケート特集

みんなはどう思っている?