パスボールのとは

パスボールは、「捕逸」とも呼ばれますが、取れるはずのコースのボールを捕手が後ろにそらした場合に記録されます。捕手のエラーです。

プロ野球のパスボールの多くは、サインミスが絡んでいることが多いようですね。あくまでも“走者を進塁させたとき”に記録されるため、ランナー無しの状態でパスボールが記録されることはありません。

ちなみに、パスボールは、野手に記録されるエラー(失策)とは別のものとして記録されるため、エラー数には含まれないんです。

ワイルドピッチとは

ワイルドピッチは、暴投とも呼ばれ、ストライクゾーンから大きくボールが逸れたり、ワンバウンドするなど、捕手が取るのが難しいボールがワイルドピッチになります。こちらは投手のエラーです。

フォークボール等、ワンバウンドする変化球で三振を狙いに行く投手はワイルドピッチが増加する傾向にあります。

記録された方のミスではないことも

簡単に説明すると、パスボールは捕手のエラー、ワイルドピッチは投手のエラーになります。

とはいえ、必ずしも“パスボールは捕手が悪い”“ワイルドピッチは投手が悪い”という訳ではないようです。

パスボールが捕手に記録されたとしても、それが投手のサインミスの可能性もあります。

ワイルドピッチは三振を狙うためにワンバウンドする変化球を投げるケースで起こりますが、このワンバウンドするボールを捕手が止めさえすれば、ワイルドピッチは記録されません。いかにワイルドピッチを止めることが出来るか、が捕手の力量と言っても過言ではありません。

記録上はパスボールが捕手に、ワイルドピッチが投手についても、どちらかだけのミスというわけではないんです。

関連するまとめ

中日の愛される助っ人【ダヤン・ビシエド】

 2018年には最多安打と首位打者のタイトルを獲得。米国時代からのニックネームは、スペイン語で戦車を意味する…

千葉ロッテマーリンズ平成のドラフト1位を振り返る!平成11年〜平成20年編

新元号【令和】となった日本! 今年のドラフトは令和初のドラフトです。 そんな今年だからこそ、平成時代のドラフ…

サイ・ヤング賞左腕がマリナーズへFA移籍

2022年から勝負の年になるマリナーズが目玉FA投手を獲得