はじめに

まだ記憶に新しいのではないでしょうか。
アンドリュー・アルバース投手を覚えていますか。
オリックスファンだけではなく、野球好きな方は覚えてますかね。
あまりニュースで取り上げられませんが、
今回は日本でも活躍したアルバース投手のメジャー復帰を紹介します。

3年間日本でプレー

アルバースは2018年から2020年までオリックスでプレー。来日1年目に9勝をマークするなど先発として活躍し、通算15勝16敗、防御率4.02の成績を残した。昨季は16試合に登板し4勝8敗、防御率3.94と結果を残せずオフに自由契約となっていました。

 メジャー昇格を果たせば年俸75万ドル(約7900万円)を手にする契約を結んだアルバース。地元メディアのインタビューでは“日本愛”を炸裂させ「日本の人たちは日本の野球を愛しています。日本のファンは身震いさせるような雰囲気を作り出すんです。それはとてもポジティブな雰囲気で、その前でプレーすることはとても楽しかったです」と振り返っている。

出典:YouTube

4年ぶりの勝利

8/27日(日本時間28日)、本拠地でのブルワーズ戦で4年ぶりにメジャーで白星をマークした。2018年から3年間、オリックスでプレーした左腕は今季、ツインズとマイナー契約を結び、8/19日(同20日)にメジャー昇格を果たしていた。

 4年ぶりのメジャー昇格を果たした8/19日(20日)のヤンキース戦でリリーフ登板し、4回2安打1失点と好投したアルバース。この日は2017年9月30日(同31日)のエンゼルス戦以来となる先発マウンドに上がると、6回途中まで3安打無失点と好投。ツインズは2-0で勝ち、アルバースは勝利投手となった。

 試合を中継した地元テレビ局「バリー・スポーツ・ノース」の公式ツイッターは、アルバースの試合後のインタビュー動画を公開。左腕は「とても良い気分です。良い機会でしたし、チームに勝つチャンスを与えることができて、楽しい夜でした」と、この日の登板を振り返りました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ミニッツ・メイド・パーク

ヒューストン・アストロズの本拠地

広島カープオープン戦情報③〜ヤクルト、楽天戦〜

ヤクルトスワローズ、楽天ゴールデンイーグルスとのオープン戦

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。