はじめに

日本でもプロ野球で活躍した選手の子供もプロ野球界に進むことがありますね。しかし父親が偉大過ぎてプレッシャーに潰されて、結果が出ないこともしばしば。
今回紹介する選手も、メジャーリーグでの二世の選手です。
2021年前半は順調にきていますね。
今回はブラディミール・ゲレーロ・ラモス・ジュニアを紹介したいと思います。

ブラディミール・ゲレーロ・ラモス・ジュニア

1999年3月15日生まれのカナダ出身(国籍はカナダとドミニカ共和国)です。2021年現在MLBのトロント・ブルージェイズに所属する右投右打の内野手(主に一塁、三塁)です。背番号は27。

父にあのMLB殿堂入りの大スターであるブラディミール・ゲレーロを持ち、デビュー前から球団の期待を一身に受けているスター候補です。父がモントリオール・エクスポズに所属していた時に生まれたためにカナダの国籍も持っています。

成績

2015年にトロント・ブルージェイズと契約しプロ入りします。

マイナーリーグ時代の2018年にはマイナー全体で最高の打率.381、長打率.636、OPS1.073をマークし、マイナーリーグ年間最優秀選手賞を受賞。格の違いを見せます。

メジャーデビューの年となった2019年、シーズン前からトップ・プロスペクトランキング(期待の新人のランキング)で堂々の1位を獲得。ケガによりデビューが遅れたものの、123試合に出場し打率.272、15本塁打、OPS.772と好成績をマークしました。

この年のオールスターにも選出されており、本塁打競争では1ラウンドの史上最高記録である29本塁打をマークするなど大活躍。

出典:YouTube

史上最年少で1試合3本塁打&7打点

2021年4月28日
3点ビハインドの3回裏にナショナルズ先発のマックス・シャーザーから5号逆転グランドスラムを放つと、5回裏には2打席連発の6号ソロ。さらに、7回裏にはナショナルズ3番手のカイル・フィネガンから3打席連発となる7号2ランを放ち、通算449本塁打の殿堂入り外野手である父が達成できなかった1試合3本塁打の快挙を成し遂げた。
また、22歳43日のゲレーロJr.は少なくとも1901年以降では史上最年少での1試合3本塁打&7打点を達成。

出典:YouTube

関連するまとめ

プロ野球選手のベテラン(1979年生まれ)

経験豊富なピッチャー、キャッチャー。

球場に行ったファンしかわからない球場の名物

ファンの・球場関係者が楽しませるコアなファンしか知らない球場の名物をご紹介します。