明かりをつけたまま寝ると、太りやすい?

明るくないと寝れないという人でなくても、テレビや間接照明などをつけたままで寝てしまうことってあると思います。実はそのようなちょっとした明かりでも太る原因となることがあるそうです。ある研究で、真っ暗にして寝ている人と、明かりをつけて寝ている人を比較したところ、肥満の割合がなんと1.9倍だったそうです。ダイエットに励んでいる人にはあなどれない数字ですね。

睡眠中の明かりがホルモンに影響する?

睡眠中の明かりはホルモンの分泌に影響を与え、あなたの体を太りやすい体にしてしまいます。ではホルモンが与える影響とはどのようなものなのでしょうか。

明かりをつけたまま寝るとレプチンというホルモンの分泌が減少します。レプチンは「満腹ホルモン」と呼ばれていて、このホルモンが減ることで満腹感を感じにくくなります。なかなかお腹がいっぱいにならないために、食べ過ぎてしまうそうです。

アイマスクで防げる!

どうしても暗い部屋では寝れないという人は、アイマスクをつけて寝ましょう。部屋を真っ暗にしなくても、大丈夫です。目から光が入らないようにしましょう。そのためにアイマスクをして寝てください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

罪悪感だけでなく、実際にデメリットが!糖分の摂り過ぎに注意しよう!

甘いものは罪悪感がつきものですが、実際に身体に良くないことが盛りだくさんなんです。糖分の取り過ぎには注意しま…

ひのきのパワーは凄い

材木としても香りを楽しむオイルや入浴剤としても、人々に親しまれているひのき。 ひのきにはどんな効能があるので…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。