「インフルエンザ」とは

「インフルエンザ」は、インフルエンザウイルスに感染して起こる感染症です。A型、B型、C型、D型の4種類に分けられ、主にヒトに流行を起こすのは、A型とB型のウイルスです。A型・B型インフルエンザの流行には季節性があり、国内では例年12月~3月に流行し、短期間で多くの人に感染が拡がります。例年の季節性インフルエンザの感染者数は国内で推定約1,000万人とされます。

「インフルエンザ」の症状

「インフルエンザ」は、咳やのどの痛みなどの呼吸器の症状だけでなく、高熱、全身のだるさ(倦怠感)、食欲不振などの全身症状が強く、しばしば、頭痛や関節痛・筋肉痛など呼吸器以外の症状を伴います。合併症として、気管支炎、肺炎、中耳炎などがみられます。重大な合併症には急性脳症(インフルエンザ脳症)や重症肺炎があります。

もし、インフルエンザが疑われる症状に気づいたら、できるだけ早く医療機関で診察を受けましょう。

「インフルエンザ」の予防

予防接種を受ける!

「インフルエンザ」は、ワクチンを予防接種すると、インフルエンザウイルスに対抗するための抗体が産生されます。予防接種だけで感染を完全に予防することはできませんが、インフルエンザにかかる人や、重症化して入院する人を減らすことが出来ます。

日常から予防の意識を高める!

通常のインフルエンザウイルスや新型インフルエンザウイルスの感染は、せきやくしゃみによる飛沫や接触によってウイルスが体内に入ることで起こります。そこで、普段からウイルスが体内に入るのを防ぐようにしましょう。

感染している人の咳・くしゃみにより発生した飛沫を吸い込む「飛沫感染」と感染した人が触った直後のドアノブなどに触り、そのまま目、鼻、口に触る「接触感染」が主な感染経路です。

予防法としては、マスクの着用、うがいや手洗い、アルコール消毒を徹底しましょう。コロナの流行で当たり前になりましたが、今一度気を引き締めましょう。

コロナが流行している今、改めて、予防の意識を高めましょう!

毎年、インフルエンザの流行が当たり前になっていますが、今年はいつもと違い、新型コロナウイルスも流行しています。最悪、同時に大流行する“ツインデミック”なんて言葉もあるそうですから、各自が今一度、感染対策を徹底し、ウイルスを撃退しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

改めて知っておこう!「ウイルス」と「細菌」の違い

緊急事態宣言が解除されますが、まだまだ油断は禁物です。自分に出来る感染対策を怠らないようにしましょう!

秋の味覚の代表格の舞茸。どんな効果があるのでしょうか。

舞茸は秋の味覚の代表格です。炊き込みご飯にお鍋に、天ぷらと味にクセはないのに、うまみがたっぷりのきのこです。

末端冷え性の原因

冬の季節。末端冷え症でお悩みの方も多いのではないでしょうか。

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。