意外と知らない「十五夜」とは

古来、日本では月が神聖なものとされていて、縄文時代にはすでに月を愛でる風習があったそうです。「十五夜」の月見が盛んになったのは、平安時代と言われていて、中国から伝わり、貴族の間で、月を見ながら酒を酌み交わし、船の上で詩歌や管弦に親しむ風流な催しとして広まりました。この際、貴族たちは空を見上げるのではなく、水面や盃の酒に映った月を愛でていたとか。

これが庶民にも広まったのは、江戸時代に入ってからで、ただ月を眺めるのではなく、収穫祭や初穂祭の意味合いが大きかったそうです。十五夜の時季は稲が育ち、間もなく収穫が始まる頃。収穫できる喜びを分かち合い、感謝する日だったそうです。

「十五夜」のお月見といえば、、、

月見団子

月見と言えば、「月見団子」ですよね。丸い団子は月に見立てられ、感謝の気持ちが表わされています。ピラミッドのように積んで供えられていますが、一番上の団子が霊界との懸け橋になると考えられていたそうです。ちなみに団子の数は十五夜なら15個なんだそうです。

ススキ

秋の七草の1つである「ススキ」は、白い尾花が稲穂に似ている、魔除けになるという理由で供えるられるようになったそうです。

農作物

豊作を感謝するため、里芋・栗・枝豆など収穫されたばかりの農作物が供えられます。里芋を供えるのが一般的で、「中秋の名月」は「芋名月」の異名を持っています。

2019年の「十五夜」はいつ?

「十五夜」は「中秋の名月」と呼ばれ、“秋の真ん中に出る月”という意味があるそうです。この“秋の真ん中”がいつかと言うと、かつて使われていた旧暦では、1月~3月が春、4月~6月が夏、7月~9月が秋、10月~12月が冬、とされていて、この秋の真ん中では8月になります。さらに8月の真ん中、15日ごろが「中秋の名月」にあたります。

ただ、現在の新暦は旧暦と1~2か月のずれがあるため、“9月7日から10月8日の間で、満月が出る日”とされています。2019年の場合、9月13日(金)が「十五夜」になるそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

フランスで国民的人気の冷凍食品「ピカール」が日本上陸!!

23日、フランスの冷凍食品専門ブランド、『Picard(ピカール)』の日本1号店が青山骨董通りにオープンした…

女性も牛丼屋でカレーを注文してみませんか

牛丼屋デビューした女性の皆さん、牛、豚だけでなくカレーもあるでよー。

お花見季節がもうすぐやってくる

もうすぐ3月になり、そろそろお花見の季節がやってきますね。 何の桜で花見をしましょうか。

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。