5月に新元号【令和】となった日本!
今年のドラフトは令和初のドラフトです。
そんな今年だからこそ、平成時代のドラフトを振り返ってみたい。
全選手はめんどくさいので、名誉あるドラフト1位を振り返ってみます。
まずは平成11年から平成20年です。

平成11年〜平成20年のドラフト1位

1999年(平成11年)
高橋尚成投手東芝

2000年(平成12年)
阿部慎之助捕手中央大

2001年(平成13年)自由獲得枠開始
寺原隼人指名も4球団競合。交渉権得られず。
真田裕貴投手姫路工業

2002年(平成14年)大卒の松坂世代ドラフト指名年
木佐貫洋投手亜細亜大
久保裕也投手東海大

2003年(平成15年)近鉄最後のドラフト
内海哲也投手東京ガ

2004年(平成16年)楽天初のドラフト
野間口貴彦投手シダック
三木均投手八戸大

2005年(平成17年)希望入団枠・分離ドラフト開始
高校生ドラフト
辻内崇伸投手大阪桐蔭

大学・社会人ドラフト
福田聡志投手東北福祉大

2006年(平成18年)田中世代の高卒ドラフト
高校生ドラフト
堂上直倫指名も3球団競合。交渉権得られず。
坂本勇人内野手光星学院

大学・社会人ドラフト
金刃憲人(希望入団枠)投手立命館大

2007年(平成19年)希望入団枠廃止
高校生ドラフト
佐藤由規指名も5球団競合。交渉権得られず。
藤村大介内野手熊本工業高

大学・社会人ドラフト
大場翔太指名も6球団競合。交渉権得られず。
篠田純平指名も3球団競合。交渉権得られず。
村田透投手大阪体育大学

2008年(平成20年)分離ドラフト廃止
大田泰示(2球団競合)内野手東海大学付属相模高

まとめ

ここらへんから一気に記憶にあるドラフトイヤーが増えます。

ドラフト1位なので当たり前ですが、やはり名選手が多いですね。
既に引退した選手もいますが、まだまだ現役で活躍されている選手もいますね。

関連するまとめ

4月30日プロ野球結果〜セリーグ〜

4月30日のプロ野球結果です。 ベイスターズが乱打戦を制した。阪神、ヤクルトが接戦を制した。

野球メーカーのご紹介

野球メーカーの特徴をまとめて見ました。まずは大手どころです。

プロ野球 ホークス歴代背番号1

輝かし背番号1を付けてきたのは。

関連するキーワード