もうすぐアメリカの大学バスケットボールのナンバー1を決める大会、NCAAトーナメントが始まります。
アメリカの大学バスケなんて日本で報道されないだろと思いがちですが、今回は違います!細くいうと、日本に八村塁選手が強豪のゴンザガ大学に進学した時から、少しずつ報道されるようになってきました。
そして今回は八村塁選手にとって、おそらく最後になるNCAAトーナメントで、今年のドラフト指名確実ですので、今回のNCAAトーナメントは大きく報道されると思います。

そこで、学校や職場などこの話題になった時に、へぇ〜そうなんだ。と思われそうな事を紹介していこうと思います。
内容的に深く紹介することはなくて、かなり噛み砕いてライトな感じでいこうと思います

今大会優勝候補の名門デューク大学のここが凄い

NBAは見るけど、大学バスケあまり知らない私でも、いくつかは知っている大学はあります。
その1つが今回優勝候補のデューク大学です。
今大会優勝候補のデューク大学の凄さをいくつか紹介。

優勝回数とNBA選手の多さ

【デューク大 NBA選手】で検索すれば、多くの選手が出てくる超名門です。
現役ですと、カイリー・アービングもデューク大学出身です。
殿堂入り・殿堂入り間違いなしといったハイレベルな選手も多く、歴代のデューク大出身選手でチームを組めば、NBAでも優勝出来そうなメンバーになると思います。
NCAAトーナメントの優勝回数は5回で、歴代4位タイですが初優勝が1991年。
ここから5回も優勝しているのは凄いです。

監督が凄い

デューク大学の監督はマイク・シャシェフスキー、通称『コーチK』と呼ばれています。
NCAAトーナメント5回の優勝は全てコーチKによるものです。
デューク大学での成績は凄いですが、なによりも凄いと思うのが、コーチKはアメリカ代表のバスケットボールの監督もしていました。
世代別の監督ではなく、フル代表の監督です。
2008北京・2012ロンドン・2016リオデジャネイロで3つの大会で監督として金メダルを獲得しています。

元NBA選手でもなければ、NBAでヘッドコーチをしたことないのに、NBA選手で構成されるアメリカ代表を、大学の監督が指揮することの凄さ。監督を依頼される凄さですよね。しかもオリンピック3回ですもんね。
日本のサッカーA代表の監督を、プロ経験もない・Jリーグでの監督経験もない、大学の監督に任せますか?
いくら大学で名監督と呼ばれる成績を残していてもありえませんよね。
それを考えてもらえれば、コーチKの凄さがわかるのではないでしょうか。

まとめ

今回は今回のNCAAトーナメントの優勝候補のデューク大学について簡単に紹介してみました。

もしNCAAトーナメントで、八村塁選手の所属するゴンザガ大とデューク大が対戦することになった時に、ここは監督が凄いんだよ〜。NBA選手いっぱい出している超名門大学だよ〜と、通っぽい発言出来るのではないでしょうか。


次回はどうしましょう。
他の優勝候補か、注目選手か、まだ語れるデューク大学か。
気分のってるときにまた描きたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

近年ドアマットだったネッツが今年はプレイオフ狙える大躍進!ネッツの歴史を振り返るその…

今年のネッツは予想外の成績です。そんなブルックリン・ネッツを少し掘り返していきたいと思います。まずはニュージ…

NBAプレイオフセミファイナル対戦カード〜東地区〜

NBAのプレイオフもセミファイナル突入!東地区の対戦カードをご紹介

NBAオフシーズンFA選手まとめその②

ゴールデンステイト・ウォリアーズの2連覇で幕を閉じた17-18シーズンのNBA。 オフになればFAやトレード…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。