はじめに

みなさんはルビーと言うとどんな印象をお持ちでしょうか?
真っ赤な色をしたイメージ。高価そうなイメージ。セレブが持ってる。
などいろいろな印象を持っていますよね?
前回にもダイヤモンドの石言葉として、「何にも負けない、屈しない。」
「不屈」と言う言葉がぴったりな言葉ですね。
今回紹介するルビーにはどんな意味や言葉が込められているのでしょうか?ルビーについて少しだけ紹介したいと思います。

ルビー

ルビーの語源は、「赤」を意味するラテン語の「ルベウス(rubeus)」から来ているという説があり、サンスクリット語の「宝石の王」を意味する(ratnaraj)に由来するといわれています。
ちなみに和名では、ルビーは「紅玉(こうぎょく)」と呼ばれています。

最高級産地とされるミャンマーをはじめ、タイ王国、スリランカ、ベトナム、カンボジア、マダガスカルなどが原産地に挙げられます。

ルビーに込められた意味

ルビーは古代より「勝利を呼ぶ石」といわれ、あらゆる危険や災難から持ち主の身を守り、困難を打破して、勝利へと導くパワーがあるとされてきました。
富と権力をもたらし、財産や名誉も奪われることなく、平和な生涯を送ることができるとされたことから、王や権力者たちが好んでつけた石でもあります。
現在でも、ルビーは魔除けや幸福をもたらす大切な石として、崇められています。

「情熱・熱情・純愛・勇気・自由」

成人の日などの記念に、宝石言葉にある自由(独立)の意味を込めて、贈る習慣があります。

7月の誕生石

真っ赤なルビーは、太陽のシンボルカラーとも考えられ、世界各国で7月の誕生石となっています。燃え盛る炎のような、情熱的で官能的な強い個性が魅力です。
ルビーは魔除けや長寿の護符として、また秘薬としても珍重された貴石です。また、ギリシャ・ローマ時代からスピリチュアルストーン(精神的な石)として、扱われていました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

雪が降るにはこの条件が必要?これが揃えば雪が降るかも

雪とは、大気中の水蒸気から生成される氷の結晶が空から落下してくる天気のことです。また、その氷晶単体である雪片…

日本三大朝市って知ってる?朝から日本の伝統に触れてみよう

日本各地にある朝市は、長年にわたり地元の食を支えてきました。その中でも古い歴史を持つ日本三大朝市と呼ばれると…

意外と知られていない弓道の魅力!礼儀作法も学べる弓道とは?

弓道は他の競技と多少異なり、「人」でなく、「的」を相手にする武道・スポーツです。 そこには、一人でも楽しむこ…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。