忘年会の好き嫌いを調査

総合マーケティング支援を行う株式会社ネオマーケティングでは、世の中の動向をいち早く把握するため、独自で調査を行っております。今回2018年11月13日(火)~15日(木)の3日間、全国20~60代までのお勤めの方男女1,000人を対象に「忘年会」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

「忘年会」を好きか聞いたところ、全体結果としては、「好き」「やや好き」の好意派と「あまり好きでない」「好きでない」の非好意派が半々となっています。しかしながら、20代・30代で好意派が非好意派を上回り、反対に40代・50代では、非好意派が好意派を上回る結果になっています。

忘年会が好きではない理由

「忘年会」が好きではない理由を聞いたところ、「上司・部下と会話をするのが億劫だから」「親しくない人と会話するのが得意でないから」のコミュニケーションに関する内容と、「アルコールがそもそも好きではないから」の3つの項目が高くなっています。60代以上は、「酔っ払っている人が面倒だから」「無理に酒をすすめられるから」が他の年代に比べやや高くなっています。忘年会の参加経験が多い60代は、嫌な思いをした経験も多いものと想像できます。

忘年会シーズンに気になる健康課題

忘年会シーズンにどのような健康課題が気になるか聞いたところ、「睡眠不足」「二日酔い」「体重増加」の3つの項目が高くなっています。忘年会シーズンは、夜帰宅が遅くなったり、飲み過ぎで翌日二日酔いになってしまったり、また食べ過ぎ・飲み過ぎでの体重が増加したりと、健康・体調管理について気にかけている様子が伺えます。4人に3人が何かしら、気になる健康課題を挙げています。

職場・取引先との忘年会の30年の変化

50代60代の方にこの30年間でご職場・取引先企業との忘年会に変化があったと思うか聞いたところ、「変化があった」が27.3%、「どちらかといえば変化があった」が29.5%と、半数強が変化があったと回答しています。

忘年会に関して30年通してさらに気にかけるようになったこと

50代、60代の方に忘年会に関して、30年通して、どのような点をさらに気にかけるようになったか聞いたところ、「健康」が41.3%と最も高く、次いで「先輩・後輩など同僚との接し方」が34.5%、「時間」が29.5%と続いています。50代以上は、年齢的に健康を最も気にかけていますが、「先輩・後輩など同僚との接し方」も次いで高く、コミュニケーションにも気を使っているようです。

30年前と今、どちらの忘年会が楽しいか

50代、60代の方に30年前と今、どちらの忘年会が楽しいと思うか聞いたところ、「30年前」が35.3%、「どちらかといえば30年前」が38.0%と、合計で73.3%が30年前が楽しかったと回答しています。

忘年会シーズンに気になる上位3つの健康課題

睡眠不足

お酒を飲んだ夜、睡眠中に目が覚めることが多くありませんか?アルコールによる利尿作用もありますが、実はアルコールが代謝される過程で増加するアセトアルデヒドが“目覚めの神経“の交感神経を刺激することに、その一因があるとも考えられています。飲酒後の眠りを少しでも快適にするためにオススメしたいのが、「トマトジュース」です。トマトジュースのリコピンには、アセトアルデヒドの分解を促す作用があり、さらに、トマトに含まれるGABAには、交感神経の緊張を和らげる効果が期待できるのです。

二日酔い

二日酔いは、アルコールによる胃の不調に加え、その分解産物であるアセトアルデヒドの蓄積、さらに脱水と低血糖などが関わって生じると考えられています。まず、アルコールの胃壁への直接刺激やその急激な吸収を防ぐ対策として、飲酒前に軽く食事をしておくことをおすすめします。牛乳や豆乳を飲んでおくだけでも意味があるでしょう。さらに、水分補給としてトマトジュースを飲めば、水分補給とともにアセトアルデヒドの分解に役立つため、一石二鳥です。また、飲酒後の“締め”や翌朝の食べ物としてオススメしたいのが、おかゆと半熟卵です。とくに、おかゆは胃で消化されやすい適量の炭水化物であり、低血糖の改善にも役立ちます。

体重の増加

内臓脂肪の蓄積を防ぐには、食後のインスリンを過剰に分泌させないことがポイントです。インスリンには血糖値を下げる以外に、脂肪細胞に脂質を溜め込む作用があるからです。食後の血糖値の上昇に応じて、膵臓からインスリンが分泌されるため、如何にして食後の血糖値の急上昇を抑えるかがその鍵となるのです。野菜や大豆は豊富な水溶性食物繊維の供給源となり、主食(炭水化物)を食べる前に摂取することで、食後の糖質の吸収を抑制します。ベジファーストや大豆ファーストを行い、食後高血糖を予防すれば、内臓脂肪の蓄積を防ぐことに役立つと考えられています。ただし、野菜ジュースは、食物繊維の含有量が少ないことから、食前に摂取しても前述のような効果が期待できないのではないかと考えられてきました。しかし、近年、市販の野菜ジュースにも、その後の糖質の吸収を抑制し、血糖値の上昇を緩やかにする働きが期待できることがわかってきたのです。「野菜ジュースファースト」は、簡単で摂取しやすいことがその最大の魅力です。外食や宴会前でも手軽に行える「野菜ジュースファースト」で肥満を防止しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

肉より野菜!?串カツ好き3,783人に聞いた!好きな串カツランキング

株式会社串カツ田中ホールディングスは、10代~60代の男女3,783名を対象に「串カツに関する調査」を行いま…

6割以上の人が「サラダにかける」以外にもドレッシングを活用中!?家庭のドレッシング使…

ケンコーマヨネーズ株式会社は、8月24日のドレッシングの日に先駆けてご家庭のドレッシング使用状況について調査…

将来子どもに期待する職業は「経営者」と「プログラマー」が人気! 年末年始の習い事アン…

株式会社イー・ラーニング研究所は、子どもを持つ親を対象に「年末年始の子どもの習い事アンケート」を実施いたしま…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。