男性向け敏感肌スキンケアブランド「ミノン® メン」新発売

第一三共ヘルスケア株式会社は、俳優の坂口健太郎さんを起用した男性向け敏感肌スキンケアシリーズ「ミノン メン」のWeb動画「じぶんにやさしく」篇を、2018年9月5日(水)から公開いたします。この動画は、「じぶんにやさしく。」というコンセプトをもとに、坂口健太郎さん演じる主人公の日常を描いた動画です。やさしく人と接する、坂口さんの笑顔が印象的な内容となっています。

Web動画ストーリー/「じぶんにやさしく」篇

朝、愛犬がベッドに駆け寄ってきて、目覚める坂口さん。休日ということもあり、少し寝過ぎてしまいます。気を取り直してコーヒーを入れ、本を読み、ゆったりとした時間を満喫した後は、家を出て、愛犬の散歩に出かけます。近道を思いつき、いつもの散歩とは違う道を通ると、今まで知らなかった風景が広がり、少し嬉しい気分に。昼下がりには、カフェで彼女と待ち合わせ。彼女より後に到着してしまい、待ち合わせの時間に遅れてしまいます。申し訳なさそうな表情で、りんごを1つ差し出す坂口さん。そのりんごは坂道で重たい荷物を持ったおばあちゃんの手助けをした際に、お礼としてもらったりんごでした。

遅れたことを彼女に素直に謝り、そんな彼のやさしさを感じた彼女も機嫌を直してくれました。就寝前には、やり残した仕事を片付けようと真剣な表情でパソコンに向かいます。そこに「明日の自分に賭けてみようと思う」とのナレーション。意を決した表情でパソコンを閉じ、ベッドへ。明日できることは明日に、そんな日があったっていい。自分にいいきかせて眠りにつきます。翌朝、洗面台に向かう坂口さんに「じぶんらしい毎日を生きていくために」というナレーションが入ります。「ミノン メン」で丁寧にスキンケアをし、どこか清々しい表情で印象的に締めくくります。

今回、坂口さんの素の表情を引き出す為に、カメラマン兼演出家の小原穣監督に撮影を依頼。坂口さんと監督が撮影をしながら一緒に演出を考える場面などもあり、現場で益々作品が磨かれていくような展開となりました。また、撮影中以外でも坂口さんは常に明るく、共演者の方をアドリブで笑わせたり、ワンちゃんと一緒に遊んでいたりと、現場を和ませていたそうです。

新製品「ミノン メン」について

敏感肌・乾燥肌を考えて開発された「ミノン」は、1973年の発売から40年以上にわたり、一貫した処方コンセプトを持ち、世代を超えてご愛用いただいているロングセラーブランドです。今回新登場した「ミノン メン」は、男性の敏感肌を皮膚科学に基づいて研究、開発した敏感肌向け対策系スキンケアシリーズ。「ミノン メン」は「じぶんにやさしく。」というブランドメッセージのもと、今回公開するWeb動画を通じて「男性の肌は丈夫なもの」というステレオタイプなイメージから解放されて、やさしくいたわるスキンケア習慣で前向きな肌へ近づくというメッセージを伝えていくそうです。爽やかなイメージはCM通りですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

美容ローラーの実施タイミング

さあ、実際どのタイミングでやるのが良いのかご紹介します。

ほうれい線対策に効果あり?口笛の意外な効果。

気分が良いと吹いてしまうことのある口笛。その口笛に意外な効果がありました。

紅茶の効果

女性には、コーヒーより紅茶がオススメかもしれないですね。

1家族一回限りの無料サンプル請求

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。