今週日曜日は京都競馬場にて春の王者決定戦の天皇賞・春が開催されます。今年は近年稀にみる今日ば不揃いといったところです。例えば昨年を見てみると、キタサンブラックやサトノダイヤモンド、ゴールドアクターやディーマジェスティといった G1馬が揃っていたところが、今回に関していえばシュヴァルグランただ一頭が G1馬といった感じです。要は混戦模様を呈するカタチとなる感じで、オッズもある程度はバラけた配当になるんじゃないのかなと個人的には予想しています。また天皇賞・春と言ったら武豊騎手ですが、先日の8レースで妨害してしまったと言うことで騎乗停止。本命騎手もいない感じでやはり寂しいレースになりそうな感じです。さて今回は今を牽引している4歳世代のサトノクロニクルと8歳となり初の長距離戦に挑戦のスマートレイアーについて書いてみたいと思います。

条件さえ揃えば!サトノクロニクル

3歳クラシックは菊花賞のみ出走。泥んこ祭りという超不良馬場に相当苦しみ大惨敗も、その直後のチャレンジカップではデニムアンドルビーや同期のブレスジャーニー相手に1着。有馬記念ではスタートで大きく出遅れが響き一級戦相手に歯もたたないも、前走では阪神大賞典と距離を延長して挑んだけ結果、レインボーラインにはあと一歩でしたが、アルバートやカレンミロティックを撃破しての2着と、距離を延長したことで結果がでたサトノクロニクルも出走予定です。個人的にはレインボーラインやミッキーロケット同じタイプなのかなとは思っている一頭で、出しきった方が良く、厳しい流れで強さを発揮してくれるのかなとも思っていますまた先に挙げた三頭より基礎スピードという面では秀でているのかなとも思っており、折り合い面1つで突き抜ける可能性も予想しています。標的がシュヴァルグランにするよりは前目で走ってくれるガンコあたりと併せて走らせて欲しく、出来れば隣の枠番に入り込めれば大本命かなと思っています。

メンバー唯一の牝馬!スマートレイアー

私が知る上で牝馬で天皇賞・春を制した馬は記憶の限りではいないのかな?と。競馬をやるようになってから15年前を遡るとといったところですが、この距離に関しては牝馬は難しいのかなというのが個人的な印象ですが、今回唯一の牝馬でもあるスマートレイアーも出走予定です。今年8歳となるスマートレイアーということで充実期も真っ盛り。そろそろ限界なのかなと感じてしまったのが前走の大阪杯で、いつもなら伸びてくる地点で伸びて来なかったところですかね。まあ、ここまでマイルから2200m舞台が多いのもあるのでしょうが、今回の3200mに関しては完全に未知な世界。データ的にはスタートしてからの5ハロンが厳しい流れとなりやすい京都競馬場3200mですが、必ず中緩みはあるはず。牝馬特有の気分というのもあり、極端なペースの上げ下げをしてしまうと拗ねてしまうことも十分考えられるので、ここは中緩みを信じて、ゆったりとした流れで入ってもらいたいですね。最終コーナー手前の下りを利用し勢いつけて、上がり3ハロンで勝負。あとはどこまで差縮めることができるのか?といったレース内容期待したいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

対レイデオロに2勝1敗!今年の京都記念

大阪杯に向けて各馬が出走!明け4歳馬同士の決着で、クリンチャーが抜け出しました。

灼熱の太陽の下の決戦!七夕賞

マルターズアポジーの大逃げ展開を予想も思わぬ展開となった今年の七夕賞。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。