今週日曜日は京都競馬場にて春の王者決定戦の天皇賞・春が開催されます。今年は近年稀にみる今日ば不揃いといったところです。例えば昨年を見てみると、キタサンブラックやサトノダイヤモンド、ゴールドアクターやディーマジェスティといった G1馬が揃っていたところが、今回に関していえばシュヴァルグランただ一頭が G1馬といった感じです。要は混戦模様を呈するカタチとなる感じで、オッズもある程度はバラけた配当になるんじゃないのかなと個人的には予想しています。また天皇賞・春と言ったら武豊騎手ですが、先日の8レースで妨害してしまったと言うことで騎乗停止。本命騎手もいない感じでやはり寂しいレースになりそうな感じです。さて今回は古馬になって急成長のガンコと、長距離戦線ではアルバート以外には負けたくないソールインパクトについて書いてみようと思います。

ナカヤマフェスタの因子!ガンコ

今年5歳となるガンコ出走予定です。一昨年のこの時期にディーマジェスティだ、マカヒキだ、サトノダイヤモンドだと騒がれていた頃は、準オープンで喘いでいたため、クラシックは全て欠席。そして昨年のこの時期にアルアインだのレイデオロだのと騒がれていた頃にも準オープンで喘いでいた感じでしたが、今年に入りオープン勝ちしてようやっとの重賞レースへ。重賞レース初参戦はG3の日経新春杯。モンドインテロ、ミッキーロケット、ソールインパクト相手に先着しての3着。そして前走のG2日経賞で遂に優勝し、重賞馬へと成り上がりました。相手関係もサクラアンプルールやロードヴァンドール、トーセンバジルを撃破。何よりも、チカラのいる馬場で昨年の菊花賞馬のキセキに勝ったことが嬉しい感じでした。そして遂に G1の舞台に立つことになりました。とは言っても、今回の天皇賞に関してはメンバーが不揃いで、レベル的にもG2レベルと言っても過言ではない相手関係ですかね。ということで十分にチャンスがあるとも言えますね。ただ個人的に思う不安要素は、勝っているレースが全てがチカラのいる馬場だという点ですかね。今の京都競馬場の馬場は非常に軽い馬場ということ。父ナカヤマフェスタが凱旋門賞で活躍したのもフランスの重い馬場がマッチしていたからかなと。話がズレるけど、オルフェーヴルも凱旋門で活躍したということはディープインパクト産駒ではなく、ステイゴールド産駒が良いのかなと。もしくはその血を引く馬ということですかね。話を戻し、今回の馬場状態では結構微妙感じています。

強気に出れれば!ソールインパクト

35戦4勝の4-5-12-14という戦績だけを見れば非凡と思われがちも、相手関係は結構な相手と戦って結果を出してきているソールインパクトも出走予定です。勝ちきれないことがずっと続いており、準オープンでの活躍がめぼしかった感じですが、距離を延長したことによって開眼し、遂に天皇賞・春の舞台へと進出。キタサンブラック世代の一角となれるかと言ったところですが、アルゼンチン共和国杯でも厳しい流れの中から最後は脚も使えているし、京都競馬場の6ハロン勝負に持ち込めるようであれば面白い結果になりそうかなと言ったところでしょうか。この馬の特徴としては、長く脚が使えるところで出しきれた方が良い感じ、あとは福永騎手がどう考えながら乗ってくるかというところが見どころでしょうか。先週の読売マイラーズカップではサングレーザーを見事に勝利へと導いていることもあり調子は上々。とにかく前で競馬をして欲しいけど、強気に出れるのかな?というのは福永騎手に問いてしまう点です。あとは、パドックでじっくり見ます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

春の王者決定戦!今週末は天皇賞・春〜クリンチャー・ミッキーロケット〜

今週日曜日は遂に春の王者決定戦である天皇賞・春が京都競馬場にて開催されます。京都記念ではダービー馬のレイデオ…

日本ダービーの前哨戦!今週末は青葉賞〜オブセッション・サトノソルタス〜

皐月賞も終わり、次は世代で最も幸福な馬が勝つと言われる日本ダービーへ。その前哨戦の青葉賞が開催されます。有力…

ステイインシアトル初重賞制覇!武豊のリードが導いた勝利!

やはり武豊さんという競馬をしてくれた鳴尾記念。ルメール、デムーロもなす術なしといったところでしょう。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。