今週の土曜日はヴィクトリアマイルのステップレースの福島牝馬ステークスです。本線とは距離が1ハロン延長となることで、仮にこのレースで勝ってもヴィクトリアマイルではなかなか勝てていないのが現状です。ここをしっかり取りに来る陣営を探すのも重要ですね。前回は、中山牝馬ステークスでも気持ちよく逃げて勝利しているカワキタエンカと、上がり最速であろうレイホーロマンスについて書きました。今回は個人的には福島競馬場があっているようにも思えるデンコウアンジュと、前走が同じ福島競馬場の舞台で1着となったワンブレスアウェイについて書いてみようと思います。

メンバーNo. 1の切れ味でVなるか!?デンコウアンジュ

昨年の福島牝馬ステークスでは3コーナーから果敢に攻めていったものの力尽きての4着と悔しい思いをしているデンコウアンジュも出走予定です。本線のヴィクトリアマイルではチカラのいる馬場の中行われてスローからのトップスピード戦となったわけで、上がりタイムはメンバー最速だった?かと思いますが、ここはアドマイヤリードとの比較すると単にポジショニングの問題でルメール騎手のうまさが光った一戦でした。その他の重賞レースを見返してみると、やはりスローからのキレ、トップスピード勝負となって来るときついのかなといった印象で、特に阪神競馬場でそれをやられてしまうと、上がり最速でも届かずに終わっているレースが多いです。前半にハイにならないと、なかなか噛み合わずにキレ味を見せることができないと言う点もあるので、この馬を馬券に絡ませるのは1つの賭けになって来ると思います。今回のメンバーと福島競馬場のレース展開を考えた場合、もしかすると噛み合う可能性が出てくるかもです。スタート後、まもなく下りになるにで、若干ですがハイになる傾向にあり、3コーナー付近でも下りになるにである程度はロングスパートに持ち込むようになって来るのかと。前半が前を行く馬がセーブしたとしても、後半は上げざる得ない状況にあるので、今回は前残りはないのかなと。逆にカワキタエンカあたりが残るようであれば、デンコウアンジュはないと思っている感じです。どちらのパターンにするか悩み中です。

妹に勇気を!ワンブレスアウェイ

今回の福島牝馬ステークスと同じ舞台である福島競馬場で行われた阿武隈ステークスでは見事に先行から振り切っての勝利を挙げているワンブレスアウェイも福島牝馬ステークスに出走よていです。前走の中山牝馬ステークスでは全く噛み合っていなかったと言うにもありますが、騎手がねーといったところで良さが全く引き出せずに終わっていたのかなと。皐月賞でのあの騎手を皆さんはどう思っているかというところですが、個人的にはエポカドーロの馬のチカラだけで勝ち切った勝利といったとこrpで、まだまだあの騎手の信頼性は低いです。まあ、それはそれとして。今回は再び津村騎手に戻るわけで、これはこれでどうなることやらです。今回のメンバーからいくと同じタイプが結構多い印象ですね。ペースが上がりきる前にしっかり前目内目を狙って追走したいところで、逆に前半に良いポジションを取れなければ馬券から飛んでしまうのかなといった印象です。父オルフェーヴル、母ストレイキャッツといえば、なかなか調子の上がらない妹ロックディスタウンにめが引かれがちですが、姉も負けてられないですね。ここで勝って、妹のオークス制覇へのエールになれば良いのですが。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ピッタリマーク!?先行馬の特性って?

馬の特性を知れば更に競馬が楽しくなりますよ。 今回は、先行馬編のご紹介です。

今年は4歳馬が熱い

今年のJRAは4歳馬が熱い。 昨年の有馬記念馬・サトノダイヤモンドを筆頭に、強者揃いの今年の4歳馬。古馬相手…

競馬マンガ

競走馬を目指して

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。