先週の日曜日に阪神競馬場にて開催された3歳クラシック開幕戦の桜花賞は、ロードカナロア産駒のアーモンドアイが、圧倒的1番人気のラッキーライラックを鮮やかに差し切る印象的なレース内容で優勝しました。そして今週の日曜日は、中山競馬場にて3歳牡馬クラシックが開幕。そう、皐月賞です。その世代最も速い馬が勝つと言われている皐月賞。昨年はアルアインが好位からの追走で優勝。今年は一強とも言われていたダノンプレミアムが怪我で出走回避となったことで、混戦が予想される感じです。今回は中山競馬場では負けなしのジェネラーレウーノと、2歳王者のタイムフライヤーについて書いてみようと思います。

中山競馬場では負け知らず!ジェネラーレウーノ

完全に個人的な主観になりますが、父スクリーンヒーローで馬体が黒いといったところで、個人的に贔屓しているゴールドアクターに重ねてしまうことで、思わず見てウットリしてしまう馬でもあるジェネラーレウーノも皐月賞に出走予定です。血統的に考えてもわかるように、狙うのは今ではなく古馬になってからという感じで晩成型の多いスクリーンヒーロー産駒で、ゴールドアクターもモーリスもいずれも古馬になってからが急に強くなっています。なので、この早い段階での仕上がりは?となったと時に「・・・」ですが、それだけこれからの上積みに期待できるということでもあります。ただ、ジェネラーレウーノは、葉牡丹賞と京成杯の中山競馬場で行われた2レースで連勝しており、しかも皐月賞同じ2000mというところは見逃してはならない事実かなと。コース適性面は問題なしといったところでしょうか。いずれも逃げから2列目のレースで、うまくかじ取りしているのは田辺騎手。今回もその田辺騎手が騎乗するということで侮れない感じです。ただ、これまた個人的な印象ですが、冬の中山競馬場における田辺騎手の強さはお墨付きですが、もう春です・・・。どうなるかな?という感じですね。いずれにしろ、ここまでやってきた相手関係からすると、2枚も3枚もレベルが上がるし、同じタイプのケイティクレバーやサンリヴァルの基礎スピードについていけるかという疑問もあります。個人的にはスクリーンヒーロー産駒だし、ここで勝負ではないかなと単純に思っている感じですかね。

2歳王者がクラシック候補!?タイムフライヤー

昨年の皐月賞をとったディーマジェスティに菊花賞2着のレインボーライン、アメリカジョッキーCで3着のミライヘノツバサ、日経新春杯では同じ同世代のミッキーロケットには敗れはしたものの2着となったシャケトラもまた、4歳馬になります。
この世代はとても勢いがあり、同世代4歳馬はすでに、エアスピネル、ミッキーロケット、グレンツェント、ブラックスピネル、ゴールドドリーム、サトノダイヤモンドが重賞を勝っています。ゴールドドリームは土俵がダートなので除外として、今年もこの面子に割って入りそうなのがディーマジェスティとレインボーライン。この二頭がゴールドアクターやツクバアズマオー、アドマイヤデウスとどう相対するかが見ものです。
しかし、ディーマジェスティは大阪杯にも登録していることから、おそらく日経賞は回避し大阪杯へ直行となるでしょう。
そうなると、やはりレインボーラインとシャケトラの走りに期待したくなります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

24戦目にして悲願のG1制覇!6歳馬・サトノアラジン

強さを見せつけたロゴタイプの連覇ならず!サトノ軍勢にまたもやG1馬が誕生です!

大波乱の結果と終わった!?今年のヴィクトリアマイル!

今年も荒れに荒れたヴィクトリアマイル!1着に6番人気、2着に11番人気、3着に7番人気。3連単の配当がなんと…

フェブラリーステークスの前哨戦!今週末は東海ステークス

今週末はフェブラリーステークスの前哨戦!東海ステークスですよ。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。