トレード期限も終了。
トレードを行ったチームの思惑はそれぞれ。
キャバリアーズがトレード期限終了間近に行ったトレードの相手チームの意図を踏まえてざっくり紹介。

レイカーズとのトレード

【キャバリアーズ】
アイザイアトーマス、チャニングフライ、2018年ドラフト1位指名権をレイカーズへ。
【レイカーズ】
ラリー・ナンスJr.、ジョーダンクラークソンをキャバリアーズへ。

カイリー・アービングとのトレードでやってきた、アイザイア・トーマスを半年で放出。GMは放出したくはなかったようですが、チームにフィットしてないとみてトレードになりました。
手放した今年のドラフト1巡目指名権はアービングのトレードでセルティック氏は獲得したネッツの指名権ではなく、キャブスの指名権。ネッツ指名権の1巡目指名権は貴重なので、簡単に手放したりはしないですね。
キャバリアーズは、このトレードで若さと機動力を獲得できた感じでしょうか。

レイカーズからするとこのトレードの意味は、オフにサラリーキャプに余裕を作るためのトレードでしょう。
獲得した2名の契約は今シーズンまでで、おそらく契約延長はなし。これで2名分のMAX契約をオファーできるようです。今オフ・来オフとFA選手が豊富なだけに、キャップを空けてオファーの準備を整えたかったとこでしょうか。

アイザイア・トーマスはどうなるか

レイカーズへ移籍となったアイザイア・トーマス。これで5チーム目です。
2011年ドラフト全体60位、最下位から2016・2017年オールスターにまで選ばれ、昨シーズンはセルティックスのイースタンカンファレンス1位、カンファレンスファイナル進出の立役者であり、平均得点も29.8得点をあげるなどセルティックスのエースとして大活躍。
そしてこのシーズンが契約最終年。オフになった時は、セルティックスとMAX契約で延長契約したいと意向を示し、セルティックスもMAXかどうかはわかりませんが、チームのエースとして契約延長の交渉はするつもりだったと思いますが、突然出てきたカイリー・アービングのトレード志願で、その流れは変わってしまいましたね。
移籍したキャバリアーズで1月復帰後もセルティックス時代のようなプレイは見られず、レイカーズへ移籍。
レイカーズがアイザイア・トーマスをどういった形で使うんでしょうか。
トーマスの代理人は、スターター起用を求めることは言っていますが、どうなるでしょうか。

昨シーズン同等の活躍をしていれば、このオフに素晴らしい契約を勝ち取れていたのは間違いないのに、1年経たずして状況が変わってしまいました。
それでも、あの得点力・爆発力は魅力的ですので、レイカーズと契約延長はないと思うので、来シーズンはまた違うチームのユニホームを着ているでしょう。

ウェイドはヒートへ

キャバリアーズのウェイドがヒートにトレードへ移籍。

ウェイドは、15-16シーズン以来のヒート復帰。
ヒートファンからしたら、ウェイドの復帰は嬉しいでしょう!
チーム生え抜きとして活躍して、05-06でチーム初優勝、10〜11から4シーズン連続でファイナル進出。12-13・13-14は2連覇を成し得た選手が戻ってくるのは、単純に嬉しいでしょう。

ヒートでもキャバリアーズと同じようにベンチからのスタートとなると思いますが、プレイオフ争いをしているチームにとってプラスとなる事は間違いないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

NBAもシーズン終盤。今年もプレーオフ争いが熱い~西地区~

プレーオフ争いが過熱してきたシーズン終盤。西地区の順位争いはどうなっているか。

カンファレンスファイナル決着!ウェスタンを制したのは・・・

NBAファイナル進出を懸けたウェスタンカンファレンスのカンファレンスファイナル、ロケッツ対ウォリアーズ。 最…

NBAオールスター 2017 スタメン発表 東地区

NBAオールスターまでもうすぐ。オールスターの東地区のスターターはこの5名。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。