先週の週末は競馬ファンの新年がスタートでした。まず中山競馬場では中山金杯が、そして西の京都では京都金杯がそれぞれ行われました。東の中山金杯は前評判通りセタブリランテスが圧巻の走りで今年のJRA重賞制覇の第1号となりました。続く京都金杯は、昨年末にキタサンブラックに騎乗した武豊騎手が鞍上の4番人気ブラックムーンが、最後方から外外を回って追い上げ、最後の直線でグンっと伸びて差し切り優勝を果たしました。ブラックムーンはこれが初重賞制覇となりました。武豊騎手はこの京都金杯が得意のようで、ダイタクリーヴァ、ハットトリック、エアスピネルに続き、これで4勝目を挙げました。
2着はこれまた外から追い上げたクルーガー、3着には1番人気のレッドアンシェルが入りました。

レース内容

スタートはほぼ揃った感じで、外からウインガニオンが押して押してハナを主張するカタチとなりました。ウインガニオンといえば夏にしか走らないイメージがありますが、今年のウインガニオンは少し違うのかな?といった動きを見せた瞬間でした。しかしアメリカズカップやマイネルアウラートもハナを主張したことによって、この三頭が横並びでペースを作る形となりました。
そこに加わってくるのかな?と思っていたダノンメジャーやカラクレナイは控えてその後ろからの追走といった流れでした。そして優勝したブラックムーンは最後方の9番手からのレースろなりました。

ブラックムーン

レースはウインガニオンがハナを主張し最序盤でデッドヒートを繰り広げた割にはややスローよりなレース展開となりました。そのせいもあってか、中断以降の馬はロングスパートになった感じで、優勝したブラックムーンもまた坂を利用してロングスパートを外から回って動き出した感じでした。最後の直線に入るとウインガニオンはアメリカズカップにあっさりと交わされて後退。やはり夏しか動けないのは今年も一緒なのかな?といったところかなと。二列目からは後方で控えていたカラクレナイダノンメジャーがぐんぐん脚を伸ばして、レッドアンシェルも伸ばしてきた感じでした。残り200mからは完全に大外の勝負。一気に脚を伸ばしてきたのがブラックムーン、クルーガー、レッドアンシェル。最後はブラックムーンが迫る後続振り切って優勝といったレースでした。
個人的な感想として、9頭立てだったということもあって最後方からのレースでも捌けたのかなって感じです。まあ、終わってみれば昨年のマイルCSで善戦した馬決着といったところでした。今年のマイル戦線も楽しみになってきました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

豪華メンバーの京都記念!モズカッチャン・クロコスミア

エリザベス女王杯で好走したモズカッチャンとクロコスミアはどうでしょう?

キタサンブラックはダブルで制覇なるか!?今週末は天皇賞秋

春秋制覇なるかという観点で競馬を楽しもう。

素質馬が集まった!来週月曜日はデイリー杯クイーンズカップ

3歳牝馬クラシック向けて戦いが始まりました。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。