先週の日曜日に、阪神競馬場にて今年の2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルフィリーズが開催され、見事にロックディスタウンを制しラッキーライラックが2歳女王となりました。昨年の2歳女王はソウルスターリング。そのソウルスターリングは牝馬戦のみならず、3歳にして古馬戦で戦っている感じで、ラッキーライラックもその後を追いかけられるかと言ったtかんじで非常にレベルの高い競馬を見せてくれた感じでした。ペースはスローとなった今回のレースではギアチェンジのうまさが際立った馬が上位に入って来れたのかなと感じます。

オルフェーヴル産駒第1号G1馬!ラッキーライラック

ついにオルフェーヴル因子がG1馬に名乗りを上げました。当初の予想はもう一頭のオルフェーヴル産駒のロックディスタウンが単勝オッズ1番人気で、2番人気はラッキーライラック。二頭のオルフェーヴル産駒がしのぎを削った戦いへとなりました。
スタート自体はやや出遅れてしまった感じで中団外目で展開。早い段階でロックディスタウンが前方へスルスルっと上がって行くなか、ここではジッと我慢してそのままレースが流れて言った感じです。ロックディスタウンが前に行ったことで仕掛け自体が遅れてそのまま4コーナーに突入。ここでようやく動き始めラスト直線で外からじわり伸びてきて、リリーノーブルをあっさり交わしたところでゴール。みごと、今年の2歳女王となりました。
ここまで見てきて思うところは、ペースが上がっても良いし緩んでの再加速もできる、ギアチェンジ・トップスピードの質、持続力を高いレベルで見せて世代牝馬では最強というのを示したといっていいのかなと。特にマイルから1800mレベルではトップクラスにあり、来年あたり、アエロリットなどの古馬戦もやっても面白いかもです。ただまずはクラシック。桜花賞、オークスは間違いなく彼女が軸として動いていきそうですし、距離的にも適正と思われます。

やはり距離が短かった?ロックディスタウン

個人的な感想から言って、ポテンシャル自体はらっきよりも上をいっているような気がしています。単純に考えても、9着に沈むような競馬は今までなかったわけで、単純に調子が悪かったか、距離の問題だったかと言ったところ。基礎スピード面においては問題ないところではあったものの、直線であの失速は意外でした。ここから伸びてくるようであれば、世代最強馬として、ジェンティルドンナ以来となる牝馬三冠もあり得るところ。ただ個人的な感想は、距離の適正。短いのかもしれないです。先行から差しと言った脚質で間違いないが、後ろからやっても面白いかなと。オルフェーヴル自体、先行から差しまでソツなくこなせていたし、なんとなくラッキーライラックよりもロックディスタウンの方が容姿が似ているので愛着が湧くというか。完全に個人目線ですが。チューリップ賞あたりからの始動となるとおいますが、個人的には終わり良ければすべて良し、エリザベス女王杯を手にしてほしいかなと。

関連するまとめ

オリンピック競技でもある馬術を知ろう

目にする機会が多くはない「馬術競技」ですが、いざ行くチャンスに恵まれても、見どころや観戦マナーがわからなけれ…

ダイワメジャー産駒がワンツーフィニッシュ!今年の新潟2歳ステークスの結果

ダイワメジャー産駒がワンツーフィニッシュした今年の新潟2歳ステークスを振り返ります。

3歳牡馬クラシックへの道!今週末は共同通信杯

3歳牡馬クラシックへ道も激化しています。