代謝を上げるには、運動をする事が大切ですが、運動だけではなく食事も大切です。
特に朝食は1日の代謝を左右すると言われています。
しっかりと食べ、代謝を高めましょう。

朝食は、身体を活動モードにする

目覚めとともに体温を上げて、身体を活動モードに
体温は、寝ている間は下がっていますが、目が覚めると上昇していきます。
体温を上げて身体を活動モードにしているのですが、この切り替えが上手くいかないと、なかなか目も覚めず代謝も悪い状態のままになってしまいます。

スムーズに活動モードに切り替えてくれる「朝食」
スムーズに身体を活動モードに切り替えてくれるのが、朝食です。
朝食は、その日の代謝を左右すると言われており、しっかりと食べる事で1日の消費カロリーを増やしてくれます。

朝食で食べたい食材や栄養素

身体を温める温かい飲み物
目覚めに温かい飲み物を飲むと、血行が良くなり、体温が上がります。
また、水分を摂ることで、胃から腸への刺激が伝わり、便秘予防にも繋がります。

脳を活動モードにする炭水化物
脳や身体の主なエネルギー源は、糖質です。
糖分は寝ている間も使われているので、朝食で補給しましょう。
糖分を摂ると身体が活動モードに切り替わり、代謝アップに繋がります。
糖分は炭水化物が分解された物ですので、ご飯やパンなどを食べましょう。

熱を作るタンパク質
タンパク質は、食べた時に糖質や脂質よりも多くの熱を作り出してくれます。
そして、熱を作る筋肉の材料になります。

食事は1口30回を目標に

しっかりと噛むことで、満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防いでくれます。
また、身体を活動モードにする交感神経が刺激され、代謝も高まります。

野菜などの食材は、大きめに切ってやや硬めに調理すると、自然と噛む回数を増やすこともできます。
1口30回を目標にしてみましょう。


朝は「時間がない、食欲がない」と言う人も多いかと思いますが、なるべく食べるように心掛けてみましょう。

時間がないという人は、少し早く起きて朝食を食べる時間を作れると良いですね。
それだけでも代謝を高め、ダイエットにも繋がります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ブラックフライデーが日本でも本格的に始まる???

アメリカのビックイベントのブラックフライデーが日本でも始まるか?

綾鷹“夏のおもてなし”本部

毎年「暑い」ツイートが1,000万件を超える 暑すぎる日本に涼やかさを 「綾鷹“夏のおもてなし”本部」 24…

スマホ旅How Toムービー公開

キャビンクルーがお国言葉でレクチャー 「スマホ旅How Toムービー」を公開 ジェットスターアプリを使用し…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。