今回で58回を数える宝塚記念。6月25日 阪神競馬場11R 15時40分発走です。
今年も回避馬が続出するなかで発走となりますが、メンバー的にはある程度の名の通った重賞馬が揃ったと思います。その中で有力馬をご紹介させていただきます。
前回はキタサンブラックとゴールドアクターをご紹介しましたが、今回はミッキークイーンとミッキーロケットのご紹介です。

唯一の牝馬!ミッキークイーン

今回唯一の牝馬のミッキークイーンですが、牡馬の斤量58に比べて2キロ軽い斤量56といったハンデもプラスになるので、その辺もポイントとして捉えといたほうがよいと思います。
何と言っても昨年の覇者は女王・マリアライトだっただけに侮れないのがミッキークイーンという存在と思われます。また、マリアライトとの共通点もあり、脚質は共に差しから追い込みを得意としている点。そして血統はディープインパクト産駒という点です。
ここ数年の1着馬の血統は、オルフェーブル=ステイゴールド、ゴールドシップ=ステイゴールド、ラブリーデイ=キングカメハメハ、マリアライト=ディープインパクトといった感じで、良血馬が全て買っているという点です。名門とも言われる宝塚歌劇団のように、エリートではないと弾かれる?(勝手な想像ですのでご了承ください)と思わず疑ってしまう結末だとしたら、キタサンブラックのように突然変異を起こした馬は昨年のようにゴール手前で弾かれる?かもしれません。
ミッキークイーンにとっては、ゴールドアクターと同条件下で良馬場でスローペースといったレース展開。ただギアを2回ほど変えるように流れる競馬が理想と思います。ミッキークイーンの個人的なイメージは、加速するまでに時間がかかる馬と思っており、スローでレースが動いたら3コーナーからグイグイ上げていってよいイメージで、それにつられて馬群もギアチェンジしスピードがジリジリと加速。そして4コーナーからはトップスピードの持続戦ともなれば、オークスの時に見せた強い勝ち方が期待できるのかな!?と思っています。
馬場が荒れてもそこまで気にする必要はなく、仮に道悪であれば昨年のマリアライトと同じく大外枠であればありがたい。スタートから無理して行かなくてもハナを取るのはおそらくキタサンブラック。予想としては、例年よりはやや遅いペースが予想できるため、徐々に上げていき、3コーナーからの根性といったところ。いずれにせよ、ミッキークイーンのトップスピードが出せた時は大崩れすることがなく、11頭の出走となれば、前塞がりといったポジショニングに苦労することはそこまでないと思われるため、連対に絡めておく必要のある一頭と思っています。今年も牝馬Vなるか、楽しみです。

もう一頭のミッキー!ミッキーロケット

もう一頭のミッキーがこのレースの鍵を握っていると個人的には思っています。
それがミッキーロケット。実は、今回の宝塚記念ファン投票で、私が一票を投じた馬でもあります。一票を投じた理由は、まさに掻き乱してくれる存在で面白い存在と思ったからになります。
ここまで14戦4勝の4-5-0-5といった戦績。距離的には1800〜2400mが適性で、3000m級は正直スタミナ面で置かれてしまう場面も多々あり。
前走の大阪杯ではスタートでやや遅れてポジショニングが外外と回された影響もあり、出したいところで出せなかったというレースになってしまったかと思われます。しかしそれでも上がり3Fでは出走メンバー3番目に速い33.9を叩いて、1着のキタサンブラックとは僅か0.6秒の差で7着。コースどりで勝敗を分けたレースでした。
この馬の強みは、今ご紹介した末脚にあり、ここまでで一番痺れたレースは神戸新聞杯のvsサトノダイヤモンド。この時もスタートでつまずいた感はあり、やや中団後方からのレース展開となり無理なくレースを運んで、溜めていた末脚でトップスピード勝負に持ち込んだミッキーロケット。直線でサトノダイヤモンドとミッキーロケットの二頭が抜け出し叩き合い。上がり3Fはメンバー最速の34.0でしたがクビ差で2着と、阪神競馬場と距離の適性が証明された瞬間でした。
しかし毎回心配なのがスタートの悪さです。ここ最近のニュースを見る限り、何度もスタートの練習をしている模様です。道悪もなんのそのといったミッキーロケットがスタートで一歩突き抜けたら十分に勝機はあると思います。スローペースが予想される今回の宝塚記念での理想はキタサンブラックの後ろでピッタリマーク。トップスピード戦に持ってこれれば、もしかしたら相手はキタサンブラックではなく、もう一頭のミッキーと叩き合いになっているかも!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

見所がいっぱい!今年のジャパンカップ

キタサンブラックが引退まで残り2レース。3連勝につなげる大事なレースで勝ちきれるか?

古馬が動き出した!今週末は産経賞オールカマー

昨年はゴールドアクターが1着となった産経賞オールカマー。今年はどの馬が勝ちきるのか?

4月29日は東京競馬場へ行こう!日本ダービー前哨戦・青葉賞!

今週土曜日は東京競馬場に行こう!日本ダービー前哨戦・青葉賞の発走です。

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。