ツール・ド・コルス2日目、ヌービルが首位に!

WRC第4戦ツール・ド・コルスは土曜日の競技2日目が終了。ヒュンダイのティエリー・ヌービルが総合首位に立った。2番手にはMスポーツのセバスチャン・オジエ、3番手にはヒュンダイのダニ・ソルドがつけている。

9日の競技最終日はSS9とSS10の2ステージのみ。オープニングステージのSS9は、53.78kmという大会最長のロングステージであり、勝負の行方はまだまだ分からない。ヌービルが今季初勝利を飾るのか注目です。

首位を走っていたミークが無念のリタイア!

この日は島の北部に位置するバスティアを拠点に、2カ所のSSを2度ループするSS5〜SS8の4ステージ。SS5/7は48.71kmのロングステージで、この日の勝負どころとなる。

SS5でベストタイムを刻んだのはヒュンダイのヌービル。SS2番手にはトヨタのユホ・ハンニネン、SS3番手にはシトロエンのミーク。これにより、ヌービルは総合タイムでミークとの差を17秒まで詰めることに成功した。また、総合2番手につけるMスポーツのセバスチャン・オジエがSS4番手と遅れている。

続くSS6、ここでもヌービルがベストタイム。対照的にオジエはSS7番手で、総合2番手の座を明け渡すこととなった。一方、総合首位のミークはこのSS6でエンジントラブルを抱え、SS9番手。リザルト的には総合首位を守ったものの、SS終了後にリタイアを決め、これによりヌービルが総合首位に浮上した。

サービスを挟んでSS7、復調したオジエがベストタイムをたたき出すも、ヌービルもSS3番手で、わずかな差で総合首位を守り通した。このSSではトヨタのヤリ‐マティ・ラトバラが2番手タイムをたたき出し、総合順位でも6番手から4番手にジャンプアップしている。

この日最後のSS8、ヌービルがこの日3度目のベストタイム。一方のオジエは油圧系トラブルに見舞われ、SS11番手と大きくタイムロス。総合2番手の座こそ失わずにすんだものの、首位ヌービルとの差は38.9秒と大きく開いてしまった。この日すべてのステージを終えて、首位ヌービルと2番手オジエ、3番手ヒュンダイのダニ・ソルド、4番手ラトバラと続いている。

Top Moment Day 2 - 2017 WRC Tour de Corse - Michelin Motorsport - YouTube

出典:YouTube

トヨタ、ラトバラが4位から上位浮上を狙う!

トヨタは、ヤリ-マティ・ラトバラが、総合4位に順位を上げた。また、前日のリタイア後にクルマを修復し再出走を果たしたユホ・ハンニネンは、総合34位につけている。

前日のデイ1でクルマのセッティングとドライビングのアジャストに苦労したラトバラは、デイ2を走行するにあたりセッティングを少し変えてコースに向かった。設定された4本のステージのうち、最初のSS5こそ8番手タイムに留まったが、SS6では6番手。午前中の2本のステージを走り終えバスティアのサービスパークへと戻ったラトバラは、さらなるセッティング変更を施した。これがあたり、ヤリスWRCのハンドリングは好転。ラトバラはSS5の再走ステージとなるSS7で2番手、SS6の再走ステージとなるSS8で3番手のタイムで走行するなど、午後の再走ステージではペースを大幅に上げることに成功。結果、ラトバラは、上位選手の脱落もあり、初日から順位を2つ上げ、総合4位で2日目を走り終えた。

また、ラリー2規定で再出走を果たしたハンニネンも午前中のSS5で2番手タイムを、SS6で3番手タイムを記録。ヤリスWRCは、初日よりも狭くツイスティな2日目のステージで、上位を競えるスピードを示した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018」にゆるキャラが…

株式会社AbemaTVは、「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018(以下、TGR…

唯一のオールスノーラリー!WRC第2戦ラリー・スウェーデン

2月9日、WRC世界ラリー選手権の第2戦である、雪と氷に覆われたラリー・スウェーデンが開幕します。

トヨタのハンニネンがトップに!WRCラリー・メキシコ 初日

今季初のグラベルラリー初戦となるラリー・メキシコが開幕!トヨタのハンニネンが初日の首位に立った。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。