地元出身のドラ9・佐野が大活躍!

ベイスターズは4日と5日、岡山の倉敷マスカットスタジアムにて、東北楽天イーグルスとのオープン戦を行い、両日とも打線が爆発し、楽天に2連勝した。

4日に先発出場しタイムリーを放った、地元・岡山出身の佐野恵太が、5日は代打で2試合連続の打点をあげる活躍を見せ、故郷に錦を飾った。

3/4 楽天イーグルス戦(倉敷マスカットスタジアム)

オープン戦:楽天3-9横浜DeNAベイスターズ

1回に梶谷隆幸の長打から失策絡みで先制すると、ドラフト9位の佐野恵太が中前2点適時打で追加点。さらに7回には柴田竜拓、白崎浩之らがタイムリー。終わってみれば13安打の9得点で大勝した。

投げては先発のフィル・クラインが制球に苦しみ、7四球ながら4回2/3を1失点で勝利投手。6回にはスペンサー・パットンが登板。無安打で抑え、安定感を発揮した。

3/5 楽天イーグルス戦(倉敷マスカットスタジアム)

オープン戦:楽天0-6横浜DeNAベイスターズ

毎回の19安打で6得点!投げては4投手のリレーで散発2安打完封勝ち。

先発の新外国人、ジョー・ウィーランド投手は、5回を1安打無失点と好投した。制球よく、予定イニングをわずか60球で投げきった。これで、実戦3試合で計9回を投げて2安打無四球無失点と好投している。

また好リードした捕手の高城俊人は。9回無失点リレーを演出。打っては3安打の活躍を見せた。

関連するまとめ

スタットキャストとはどんな技術

スタットキャストはよくトラックマンと混在されますが、実はトラックマンは「スタットキャストの一部」なんですね

グランドスラムの秘密:HR王が明かす勝負の瞬間

グランドスラムの舞台は、ただのスポーツイベントではありません。それは、情熱と汗、そして栄光の物語が織りなすド…