鈴木誠也、逆転スリーランホームラン

侍ジャパンの強化試合、侍ジャパン×オリックスバファローズの試合が、京セラドームで行われました。

侍ジャパンの先発は阪神タイガースの藤浪選手。
藤浪選手は初回、自らの失策も絡み、2失点と苦しい立ち上がり。

2回表の侍ジャパンの攻撃。
先頭の日本ハムの中田選手がライト前ヒット、続くジャイアンツの坂本選手も左中間二塁打を放ち、ノーアウト二塁三塁とリードを広げた。
続く広島カープの鈴木選手がオリックス2番手の近藤選手からレフトスタンドに逆転スリーランホームランを放ち、重たい空気を一振りで吹き飛ばした。

チームの逆転で立ち直った藤浪選手は、2回を三者凡退に抑えた。
3回は2番手で、オリックスの平野選手が三者凡退に抑えるが、4回、3番手の中日ドラゴンズの岡田選手が、同点に追いつかれてしまった。

秋山翔吾選手、勝ち越しタイムリースリーベース

3-3と同点の9回表の侍ジャパンの攻撃。
ツーアウト、一塁二塁から、広島カープの田中選手の代打、西武ライオンズの秋山選手がライトオーバーのタイムリースリーベースを放ち、勝ち越しに成功。
その裏の9回裏は、ヤクルトスワローズの秋吉選手が三者凡退に収め、侍ジャパンがオリックスに勝利を収めた。

WBC開幕まであと2日

初戦のキューバ戦まであと2日。
投手のWBC公式球への対応が不安視されるが、この試合で勝利で勢いをつけた侍ジャパン。
世界一奪還へ向けて本番に挑む。

関連するまとめ

ベイスターズ、優勝への道 vol.42 〜今季初、痛恨のカード3連敗!巨人戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

ロベルト・クレメンテ賞とは

ロベルト・クレメンテ氏は1955年から18年間ピッツバーグ・パイレーツに所属していたスーパースター