ベイスターズの本当の闘いが、ここから始まる。

遂に本日10月8日、プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)が開幕。まずは両リーグのファーストステージが始まり、セリーグはレギュラーシーズン2位の巨人と同3位の横浜DeNAが、パリーグは同2位のソフトバンクと同3位のロッテが対戦。先に2勝したチームが9月12日から開幕するファイナルステージへの進出を決め、セは広島、パは北海道日本ハムと日本シリーズ進出をかけて戦います。

我らが横浜DeNAベイスターズがファーストステージで争うのは巨人。今シーズンの東京ドームでは3勝6敗1分けと分は悪いものの、対戦成績は14勝10敗1分と勝ち越しています。球団初のCS進出を決めた勢いは巨人を飲み込んでもおかしくありません。この戦いにどう臨むのか、目が離せません!

熱き投球が勝利へ導く!試合を創る投手陣

ファーストステージは超短期決戦となるため、投手力が鍵となりますが、横浜はこの大事なCSを前に不安要素も抱えています。チーム最多勝のエース・山口俊投手がCSで戦線復帰出来ないこと、中継ぎの軸としてシーズンを支えた須田幸太投手が怪我で離脱したこと、絶対的守護神の山崎康晃投手が本調子ではないなど、投手陣が完全とはいえないことです。

そんななか、横浜ベイスターズの先発予想は初戦から2年目の石田健大投手、4年目の井納翔一投手、1年目の今永昇太投手が有力視されています。

初戦の登板が濃厚とされる石田投手は対巨人戦の防御率こそ4.15(東京ドームでは5.79)と良くはありませんが、巨人には負けなしの2勝と相性は良いです。また今年はシーズン通してローテーションを守り、チーム最多勝の山口投手に次ぐ9勝が評価されています。それとともに、初戦の登板が予想される井納投手は対巨人戦の防御率2.96(東京ドームでは1.72)と石田投手以上の相性の良さ。また今年の開幕戦で負傷のため登板回避した山口投手の代役を務め、勝利投手(7回3安打無失点)となった大舞台での勝負強さにも期待が持てます。

第三戦の登板が予想される今永選手はセリーグ№1の広島キラーと称されるので、出来れば2連勝して広島戦を迎えたいところではあります。本拠地開幕戦である巨人戦で先発したルーキー左腕は打線の援護に恵まれないこともあったもののシーズン8勝の成績は見事です。

仮に3試合の勝敗が1勝1敗1分けとなった場合、レギュラーシーズン上位の巨人がファイナル進出となるので、横浜としては2勝が絶対条件です。ただでさえ、超短期決戦となるため、投手陣が崩壊するとなると取り返しのつかないことになります。先発投手陣の出来が試合の流れを左右するといっても過言ではないので、彼ら若手投手陣の奮闘に期待します!

そのひと振りが流れを引き寄せる!破壊力抜群の打撃陣

投手陣に一抹の不安はかかえるものの、横浜の打線が爆発すれば問題ないでしょう!巨人の先発予想は初戦から菅野智之投手、マイコラス投手、田口麗斗投手とされています。初戦の先発が予想される巨人の菅野投手は今季、最優秀防御率(2.01)と見事な成績を残していますが、横浜がセリーグで一番、菅野投手を打ち込んでいるのも事実(対横浜の防御率4.05)。

特に横浜のリードオフマン・桑原将志選手は菅野投手に対し打率.357と打ち込んでいます。初戦が最も大事とされる短期決戦のセオリーを考えれば、桑原選手の出塁は大きな鍵を握ります。今季自己最多の133試合に出場し、得点圏打率.370(リーグ3位)の勝負強い打撃でCS進出に貢献したハマの斬り込み隊長は一番のキーマンと言えます。

また、巨人を最も得意としているのは梶谷隆幸選手で、東京ドームでは打率.444、出塁率も.516と非常に高い成績を残しています。梶谷選手がチャンスを作れば、続くクリンナップにはホセ・ロペス選手と筒香嘉智選手の強力なクリンナップが控えています。

もともと巨人に在籍していたロペス選手の対巨人の成績は打率.330、8本塁打で対戦球団別成績でも一番の成績で巨人の投手陣を得意としている。9月度は月間MVPにも選ばれ、今、横浜で一番勢いがあるバッターと言えます。また、主砲の筒香選手は44本塁打110打点で2冠に輝き、今や横浜の四番としてではなく、球界を代表する主砲として活躍が期待されます。1番桑原、2番梶谷、3番ロペス、4番筒香、、、打順を読みあげただけでワクワクしてきました!

2016年10月8日14時!横浜の新たな挑戦が始まる!!

本日14時、東京ドームにてCS初戦が行われます。私は残念ながら観戦チケットを手に入れることが出来ませんでしたが、横浜には是非、広島カープへの挑戦権を勝ち取ってもらいたいです。CSの勢いのままに巨人を撃破すれば、今季圧倒的な強さでリーグ優勝を果たした広島カープすらも飲み込む力を秘めていると思います。いい意味でも悪い意味でも、なにかやらかすベイスターズ(笑)25年ぶりの優勝で盛り上がる広島の地も蒼く染め返してもらいたいです。頑張れ!横浜DeNAベイスターズ!!

関連するまとめ

これはすごい!イチローのスーパープレー3選

今なお、現役で活躍し続けるイチロー選手。ヒットの本数で最近は話題になることが多いですが、走攻守すべてでハイレ…

メジャーリーグの選手も利用する【ドライブライン】とは

「モーションキャプチャラボ」がドライブラインの心臓部。