スノースクートとはどんなスポーツ

一言で表すなら、「タイヤがスノーボードの板に変わったBMX(自転車)」です。

スキーやスノボと似ているので、どちらかを経験しておけば普通に滑ることができます。
さらにハンドルが付いているので、安全性も高く、ある程度の力があればお子様でも簡単に楽しめるスポ―ツになっています。

出典:YouTube

発祥の国や競技人口

スノースクートは1990年フランス人によって考案され、スイスで発祥しました。
1996年には日本で普及し、現在、全国295のスキー場でレンタル・利用可能です。
競技人口は2万人程度で、今でも増加し続けています。

スノースクートは2000年代後半からさらにパワーアップ。雪上自転車としてゲレンデで思う存分楽しめる入門モデルもかなり軽量になってきました。

スノースクートは足を固定しないのが特徴なので、自分に合わせたスピードで楽しんで上達できます。

出典:YouTube

関連するまとめ

お笑いコンビ・たんぽぽが“貝”になった!?オリジナルキャラ『財形シスターズ』と共に …

はたらく人の財産づくりを応援する「財形制度」を運営する独立行政法人勤労者退職金共済機構(所在地:東京都豊島区…

表参道・大阪で最大4時間半待ちの行列を作った「Lipton Tea Stand」が全…

「リプトン」は、日常の紅茶飲用の習慣化を目指して、新業態の紅茶専門店「Lipton Tea Stand」を常…

1月31日は「愛(あい)菜(さい)の日」。美味しく野菜を食べて、冬も健康的に!

株式会社ロック・フィールド(本社:神戸市)が展開する5ブランド<RF1(アール・エフ・ワン)、グリーン・グル…