ダイエット効果をあげる色は何色か?

ダイエットに効果的な色とかってあるのでしょうか?
調べてみたところ、なんでも青色がダイエットには効果的との事です。何故?と思いますよね。

実は青色には「自律神経を刺激する色なので、食欲を抑制する効果がある」という事らしいです。
そもそも自律神経とは何かというと、自律神経とは、脳の命令なしで内臓の働きや呼吸などの生命活動をコントロールしていることを自律神経とよんでいます。
また自律神経には2つあり、1つは交感神経と呼ばれ、体を活動的な状態にしたり、気持ちを高揚させる働きがあり体温を下げ血圧を上昇させることを言います。

もう1つは、副交感神経と呼ばれているもので、睡眠中などのリラックスしていたりするときにカラダを修復する時間とも言われ、体温は上昇し、血圧は下がっていくことを言います。
この2つの神経が乱れることによって、血流の悪化、代謝が下がる、冷え、消化不良など、体に悪影響を与えることにより太りやすくもなると言われているようです。

話は戻しますが、青色はその自律神経神経を落ち着かせる効果のある色ということなので、交感神経と副交感神経との切り替えがうまくいくことにより、体内に規則正しいリズムを作ってくれる効果があるということらしいです。

よく考えてみると、食べ物の色に青色って案外少ないですよね。思いつくのはかき氷のブルーハワイくらいでしょうか。
ファミレスのメニューをみても、やはり青色の食材や料理がないです。
不思議ですね。それはともかくとして、まずはテーブルクロスやお皿などを青にしてみれば食欲は収まるということですかね。
試してみる価値はありそうです。

運動能力向上させる色はあるか?

運動するときに効果的な色って何色かと聞かれれば、おそらく大半の人が「赤色」と答えると思います。
私も間違いなく「赤色」と答えます。
理由はイメージにしかないですが、「情熱の赤」だからという、なんの根拠もない返答をすることでしょう。
果たして運動をするときに効果的な色って、本当に赤色なのでしょうか?

調べてみると色々な説があるようです。
色と一緒くたにいいますが、大きく分ければ暖色系と寒色系の2種類になるようです。
赤や橙、黄など明るい色は暖色系。逆に黒、青、緑などの暗い色は寒色系といった感じのようです。
その大きく分かれた2種類の色のうち、運動をするときは寒色系よりも、やはり暖色系の方が運動効果が生まれると言われているそうです。
ここでも出てくるのが自律神経のようです。
楽天的な印象をあたえ、陽気にみえ、消化、新陳代謝をよくする作用があるため、食欲を増進させる効果があります。

また血管や自律神経を刺激し身体を活動的にするこもあるようです。
他にも運動神経を活性化させたり脳の活性化がよくなり頭の回転が早くなる。
更に集中力がアップする効果もあるようです。

その中でも赤色は、警戒心、注意力を喚起し、人間の感情的興奮や刺激をもたらす効果もあり、交感神経に刺激を与え体温、血圧、脈をあげることから運動時にあかなりの効果をもたらしてくれる色のようです。
私のイメージもあながち間違いでもなさそうでしたね。

関連するまとめ

快適性とサステイナブルで共感を集めるシューズブランドサンフランシスコ発「Allbir…

「Allbirds」は、サンフランシスコのスタートアップ企業として元サッカーニュージーランド代表のティム・ブ…

コロナ苦境による飲食店シェフを救う、クラウドキッチン事業を開始。 5 人のシェフが料…

「和色 -WASHOKU-」を運営する株式会社 WORLDは、クラウドキッチン事業を開始。複数のシェフが料理…

「こどもの日はわかめの日」親子で当たるプレゼントキャンペーン

理研ビタミン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:山木一彦)は4月1日から、わかめスープシリーズ、ふえるわか…