はじめに

プロ野球も交流戦が始まりましたね。
昨年は、コロナの関係で交流戦も行われませんでした。
交流戦は、各チーム3試合か×6球団(ホーム3試合・ビジター3試合)が
行われます。
2005年から始まった交流戦は圧倒的にパリーグが勝ち越してますね。
交流戦ではMVPも選ばれますが、今回はMVPを獲得した意外な選手を紹介したいと思います。

2016年のMVP・城所龍磨

走攻守すべての面で勝率1位に貢献
城所は交流戦18試合のうち15試合に出場し、打率.415(1位)、5本塁打(5位)、12打点(12位)、6盗塁(3位)という見事な成績を挙げた。

NPBは2009年からMVPの選考理由を公表しており、16年の城所は、「交流戦期間中、12球団最高打率.415を記録。本塁打、盗塁数もベスト10に入り、走攻守すべての面で勝率1位に貢献した」ことが受賞理由となっている。

04年のルーキーイヤーから15年間の現役生活のうち、もっとも試合に出場したのは11年の108試合。しかし、守備固めや代走での出場が多く打席数は30にとどまった。

出典:YouTube

苦労人がMVP

城所は外野守備と走塁のスペシャリストとしてホークス一筋でプレー。守備固めや代走での途中出場が多く、「城所待機中」のキャッチフレーズでも親しまれた。

16年の城所は春先から好調で、交流戦では2番・右翼に定着。その後は打撃の調子を落として再び先発から外されたものの、交流戦の59打席を含む162打席はキャリアハイで、100打席超えはこの年以外にない。

パがセに勝ち越して、さらにソフトバンクが最高勝率でなければ選出されなかったMVP。「待機中」の言葉通り、待ち続けた苦労人に神が舞い降りたような16年の交流戦だった

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

もうすぐオールスター発表!そんなプロ野球オールスターゲーム名場面その③

今年のプロ野球も交流戦が終わり、オールスターも近づいてきました。 そんなオールスターの名場面を紹介!

都市対抗野球

この大会に向けて仕上げてくる。

プロ野球新人王決定!!阪神・高山と日ハム・高梨が獲得!

プロ野球の「NPB AWARDS 2016 supported by リポビタンD」が28日、東京都内のホテ…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。