はじめに

スポーツにはいろいろとルールがありますね。
野球の中でもルールがありますが、少しわかりにくいものもあります。
その一つにインフィールドフライがあります。
ある一定の条件でフライが上がると、捕球する前にインフィールドフライが宣告されアウトになります。
なぜこんなルールがあるのか、紹介したいと思います。

インフィールドフライとは?

「無死または一死」で「走者一・二塁または満塁」のときに打者が打ち上げたフェアの飛球であって、審判員が「内野手 (内野に位置する野手)が普通の守備行為を行えば捕球できる」と判断したものを、インフィールドフライという。

インフィールドフライと判断した審判員は上空を指差し「インフィールドフライ」とコールを行い、続いてアウトのジェスチャーとともに「バッターアウト」とコールする。

また、一人の審判員がこのイン フィールドフライのコールを行った場合は、他の審判員も同様のジェスチャーとコールを行い(コールを省略しているリーグもある)、野手、走者および打者に対してこのプレイがインフィールドフライであることを知らせる。

この宣告の時点で打者はアウトとなり、塁上の走者はフォースの状態から解除され、進塁義務がなくなる。

インフィールドフライは、打者がバットを振って打ち上げた飛球に対して適用する規則であり、ライナー及びバントによる飛球に対しては適用されない。

即ちインフィールドフライとは、「捕球されなくても(フェアボールになっても)アウトになる」というルールである。

一見すると攻撃側に不利のように見えるが、このルールは、守備側が余分にアウトを取れる可能性を防ぐ目的で存在している。

目的

インフィールドフライが宣告される理由は、ランナーが1・2塁、または、満塁の状態でもし内野手がボールを捕球せずに、地面に落ちてからすぐに3塁・2塁へとボールを投げればフォースプレイのダブルプレイとなり、攻撃側に不利が働くことになります。

そこで、このような行為を発生させないためにフライを打ち上げて、内野手が確実の捕球できる状態なら、ボールが打ち上がった時にバッターランナーに対してアウトを宣告します。

フライを落とした場合

もし、インフィールドフライを宣告された状態で、野手がボールを落球してしまった場合はどうなるのでしょうか。

野手がボールに触れて落球した場合には、バッターランナーはアウトを宣告されていますが、インプレイ状態になります。

ここで注意したいのが、ランナーの優先進塁の義務が消滅している事です。

野手が落球したので、あわててランナーが次の塁に進まないといけないと思い込んで、次の塁に進んでしまったらアウトになってしまう可能性が高いです。

しかし、守備側も忘れてしまいがちなのが、ランナーをアウトにするにはタッチが必要な事です。

バッターランナーがアウトを宣告されているので、フォースアウトの状態ではなくなっているため、ベースに触球しただけでは塁上のランナーはアウトになりません。

最後に

今回は野球のインフィールドフライについて紹介しました。
少し難しいルールですが、野球をする為には憶えておきたいルールですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

体の調子を整えるコンディショニング

コンディショニングという言葉は、競技で最上のパフォーマンスを行うために調子を整えるという意味でスポーツ界を中…

石川県の地ビール

奥能登伝説 海洋深層水ビール 内浦九十九湾沖の海洋深層水と生きたビール酵母で製造されています。 天然ビタミン…

北海道へ訪れたら行くべきスポット(富良野・美瑛編)

北海道でも屈指の人気観光地。富良野・美瑛ゾーンをご紹介します。

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。