東京2020大会オリンピック観戦チケットの申込状況

2019年5月29日(水)11:59に抽選申込受付が締め切られ、購入期限が2019年7月2日(火)に差し迫った東京2020大会オリンピック観戦チケットですが、実際にどれだけの人数がオリンピック観戦チケットに申し込み、当選したのでしょうか。

マネープレスは、その実態を明らかにするべく300人にオンラインアンケートを実施し、その結果を報告いたしました。

オンラインアンケート300人の調査では、70%を超える221人が「東京2020大会オリンピック観戦チケットに申し込んでいない」と回答。東京2020大会オリンピック観戦チケットに申し込んだのは回答者の26.3%に当たる79人でした。

東京2020大会オリンピック観戦チケットに申し込んだ79人のうち、当選したのは24人で当選確率は30.4%という結果でした。

申し込みチケットの総額と当選状況

東京2020大会オリンピック観戦チケットの申込者79人のうち、申込金額を回答したのは62人で5万円以下が最も多い回答でした。

申し込み総額別に当選確率を見ると、5万円以下と10万円超〜15万円が最も高く42.86%、次いで5万円超〜10万円と15万円超〜20万円の33.33%、30万円超〜50万円が20.0%でした。

東京2020大会オリンピック観戦チケットの抽選は、申し込み金額が大きければ大きいほど当選しにくい傾向が見て取れます。

東京2020大会オリンピック観戦チケットの支払い方法

東京2020大会オリンピック観戦チケットはVisa決済もしくは現金決済のどちらかになるが、当選者24人のうち、70.8%に当たる17人はVisaのクレジットカードで支払うと回答。

日本銀行が発表している「キャッシュレス決済の現状(https://www.boj.or.jp/research/brp/psr/data/psrb180928a.pdf)」(2018年9月)のレポートでは、「キャッシュレス支払額と民間最終消費支出に占める比率」が20%(2016年現在)となっていることから、東京2020大会オリンピック観戦チケットのクレジットカード払いの比率は非常に高い水準であることが分かります。

クレジットカードの保有状況

「東京2020大会オリンピック観戦チケットはクレジットカード払いにする」と回答した17人のうち、29.4%に当たる5人が「これからクレジットカードを作る」と回答しました。

5人のうち、3名は「申し込んだクレジットカードの発行が支払期限までに間に合うか?」を、他2人はそれぞれ「クレジットカードの限度額が十分か?」「キャッシングの借入限度額が足りるか?」を懸念していると回答。

一方、「現金一括で支払う」と回答した6人のうち、1人だけが「祖父母、親、兄弟/姉妹からお金を借りる」と回答しました。

アンケートの詳細について

今回実施した「東京2020大会オリンピック観戦チケットの申込状況における緊急アンケート」では、支払期限が迫った2019年7月2日(火)を前に「即日発行クレジットカード(https://www.money-press.info/sameday-creditcard/)」の選択肢を広く知っていただくために実施したそうです。

マネープレスは今後も「キャッシュレスの促進に役立つ情報をおもしろく、わかりやすく伝える」ために、クレジットカード・バーコード決済(QRコード決済)で役立つ情報提供を行っていくようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

筋トレ!マンツーマン、それとも自分のペース。どっちが良い?

筋肉トレーニングなどを行う時には無理にないように計画を練る必要性がありそうですが、マンツーマンでトレーニング…

中高年男性に朗報!?全国の働く20代女性に聞いた「理想の男性像」とは?

約5人に1人は40代以上男性を結婚対象に!慕われる理想の上司になるために心がけたいポイントは?年上男性の印象…

国民病である花粉症が悩ませるのは「症状」ではなく「副作用」!?花粉症の対策に関する意…

萬祥株式会社は、全国20代~60代男女に「花粉症の対策に関する意識調査」を実施し、国民病といっても過言ではな…

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。