オープン3日目で入場者数が「10倍」!

昨年12月28日(金)よりオープンした奥伊吹スキー場。暖冬といわれる雪不足の中で、昨年の12月12日より2週間程オープンが遅れたそうですが、大寒波をうけて12月28日よりスキー場をオープン。スキーヤー・スノーボーダーにとって嬉しいウィンターシーズンが開幕しました。オープン初日はリフト2基の運行で2コースをオープンし、入場者数「305人」を記録したとのことですが、営業3日目には「リフト7基」の運行で「全面滑走」にまでゲレンデ整備し、入場者数「3641人」を記録。わずか「3日間で入込みが10倍」以上に増えたそうです。昨年の最終日となった営業4日目の12月31日にも「3208人」が訪れ、12月の4日間で「9024人」を記録する絶好のスタートを切りました。

今シーズンは「日本最速となる秒速5mの高速リフト」を開業し、乗り場から降り場までの所要時間が「6分から2分半」に短縮、座面もクッション性が高い「PVCレザーシート」に変わり、利便性や乗り心地が格段に向上した他、石窯ピザをはじめとしたお洒落で美味しいフードメニューを提供。リフト券がお得になるレディースDAYやイケメンDAYなどの人気イベントの開催も予定しているそうです。

奥伊吹スキー場の概要

滋賀県の北部に位置し、関西最大級の規模と積雪量を誇るスキー場で、京阪神・中京圏からのアクセスの良さと、標高の高さからの雪質の良さ、自然の地形を活かした全12コースで、日帰りのスキーヤー・スノーボーダーを中心に昨季はシーズン約19万人の来場者を集めました。個人経営のスキー場という強みを活かし、スキー場に関わる全ての施設
(索道施設、レストラン、レンタル、スクール、宿泊施設等)を自社で運営。また、近年はリフトの新設、新コースの造成(最大斜度46度)、降雪機の導入、自動改札システム(ACS)の導入、今シーズンからは日本最速となる高速リフトも導入し、スキー不況が叫ばれているスキー場産業の現状を打開し更なる発展へと繋げていく為に、先端技術を取り入れた積極的な設備投資を行っているそうです。まだ始まったばかりのウィンターシーズン、今年は奥伊吹スキー場で楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

爆発的大人気ポケモンGO!ポケモンGOでダイエット?

歩きスマホは危ないので禁止だけど、そのルールを守ってダイエットしちゃおう! ポケモンをゲット出来るし、一石二…

1105

土曜の朝はランニングから始めよう!朝走るメリットとは?

仕事に忙しい平日を終えた土曜日の朝は楽しい週末の始まりです。 そんな朝にランニング初めてみませんか?

巷の女子はスポーツ観戦が好き?スポーツ観戦女子に人気のスポーツとは?

休日はスポーツ観戦で癒し?巷で人気のスポーツ観戦とは?

1325

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。