今週末は春のマイル女王決定戦の第13回ヴィクトリアマイルが東京競馬場にて開催されます。ミッキークイーン、クインズリング、ルージュバックなど、牝馬を代表する強馬が去った今年はどうなることやらと思っていましたが、彼女らの陰に隠れて実力をつけてきた馬たちが開花した感じで、とても均衡した牝馬の争いになっているのかなと個人的に感じています。4歳以上牝馬限定のこのレース。昨年はアドマイヤリードが直線で突き抜けて勝ったレースで、そのアドマイヤリードも今回はディフェンディングチャンピオンとして名を連ねています。今年は昨年以上の強馬が揃った感じで、牝馬限定のグランプリレースのような感じになりそうですね。その中で成長著しい4歳馬の二頭に注目。今回は桜花賞3着のリリーノーブルと、フラワーカップで優勝して勢いつけたカンタービレについて書いてみたいと思います。

安定感は抜群も!リリーノーブル

ここまで5戦2勝の2-1-3-0と表彰台を外したことがないリリーノーブルも出走予定です。2歳の時からラッキーライラックという大きな壁がそびえ立っており、未だに先着なしといったところですので、普通に考えれば力差は歴然と言った感じでしょう。前走の桜花賞でも前目にいたラッキーライラックが1番シンドイレース展開であったであろうから、アーモンドアイにあっさり交わされてしまったのは仕方がないところ。逆にリリーノーブルにしてみれば前半はわりかしゆっくりと入れていたと思うので後半の末脚にも活かされていたものの、確かに最後はもう100mあればラッキーライラックに先着していたところまでは追い詰めたものの、勝負はマイルでの出来事で、ここでも総合的に劣ってしまったのかなと。このリリーノーブルの強みはギアチェンジを厳しく問われるレース展開でも終いはしっかりやれるところ。逆に基礎スピードを問われてしまうパターンになってしまうと強いことが強いけど、今回のメンツの中からしてみれば3番手候補にhs入れずらいかなといったところ。アーモンドアイもどのレース展開でもやってきそうだし、距離延長はプラスに働きと思います。連対を視野に入れるには、スローでラッキーライラックの直後をしぶとくやり過ごすのが正攻法かなと。まs、父がルーラーシップなので、本格的に期待したいのは来年以降という感じなのが個人的な意見でしょうか。

スローで入れたら!?カンタービレ

前走のフラワーカップではトーセンブレス相手に見事なしぶとさを見せての勝利を収めたカンタービレも出走予定です。変速の展開でもやれるというのを証明したんpが前走のフラワーカップ。入り自体が11.8を踏んでおり、再びラスト3Fの段階でも11.8といった二段階加速に対応してきた感じなので、カンタービレにとっての距離延長はおそらくプラスに働くのかなと言ったところでしょうか。またトーセンブレス相手にしても結果wp出してきているので、これは素直に評価して良い結果とも思っています。あとは相手関係ですが、やはり手強いのは間違い無く、同じレース展開を好むオールフォーラブあたりと比較した場合には、個人的にはオールフォーラブをとってしまうかなと。やはり決定打不足というのは否めない感じで、仮にスローで流れた場合でもサトノワルキューレ、アーモンドアイ、もちろんラッキーライラックやリリーノーブルなんかに比べたら劣ってしまっているかなと。中枠を引けたことで前目にポジショニングしやすい環境というのが唯一の好材料でしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

回避する馬が多い宝塚記念!その背景とは?

今週末になった宝塚記念。毎年のように回避馬が多い理由をご紹介します。

3歳牝馬モズカッチャンが快挙!今年のエリザベス女王杯

メイショウマンボ以来となる3歳牝馬が勝ちました。モズカッチャンが今年のエリザベス女王杯えお制覇です。

7歳牝馬スマートレイアーの強襲!?見事に京都大賞典を制覇!

天皇賞秋、ジャパンカップを狙う競走馬の戦いも、優勝は牝馬スマートレイアー。次走はエリザベス女王杯か!?

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。