先週の日曜日に阪神競馬場にて開催された3歳クラシック開幕戦の桜花賞は、ロードカナロア産駒のアーモンドアイが、圧倒的1番人気のラッキーライラックを鮮やかに差し切る印象的なレース内容で優勝しました。そして今週の日曜日は、中山競馬場にて3歳牡馬クラシックが開幕。そう、皐月賞です。その世代最も速い馬が勝つと言われている皐月賞。昨年はアルアインが好位からの追走で優勝。今年は一強とも言われていたダノンプレミアムが怪我で出走回避となったことで、混戦が予想される感じです。今回はオルフェーヴル産駒の唯一の出走馬でもあるエポカドーロと、モズカッチャン、ペルシアンナイト、ディアドラと、ここ最近活躍が目まぐるしいハービンジャー産駒からのケイティクレバーについて書いてみようと思います。

枠次第では勝利あり!?エポカドーロ

桜花賞では圧倒的人気を集め出走したオルフェーヴル産駒のラッキーライラックでしたが、結果はロードカナロア産駒のアーモンドアイに強襲を受け惜敗を喫してしまいました。初年度産駒でなんとかクラシックが欲しいであろうオルフェーヴル産駒ですが、皐月賞にはエポカドーロが出走します。そのエポカドーロの前走はスプリングステークス。そのスプリングステークスではコスモイグナーツが単騎逃げ状態の2番手追走からといった感じでしたが、うまくコントロールしてしっかりと馬なりで差を詰めてラストの直線でも突き抜けた感じでした。しかし残り200mの坂でステルヴィオがトップスピードで登ってきて、ラストは併せた感じでゴール。着差なしの2着と非常に惜しいレース内容で、あと少しのところで重賞タイトルを逃してしまった感じでした。いかにも戸崎騎手といった感じで、重要なレースでは勝ちきれないといったところでしょうか。今回も手綱を握るのが戸崎騎手。んー、どうしようかなといった感じですが、馬の実力的には狙いたいところではあります。あとは、前残りになりにくい皐月賞において、どこまでコントロールが出来るかというのが鍵になって来るといったとところでしょうか。最序盤で先頭争いを演じて来るのがエポカドーロ、ケイティクレバー、あとはアイトーンあたりかなと。基礎スピード面はエポカドーロが一歩前をいく感じなので、ケイティクレバーあたりがムキになって前を取りに行かない限りはエポカドーロのペースに持ち込めるかなと感じていますが、おそらくケイティクレバーがムキになって前を取りに行った際に応戦してしまうと末脚を削れてしまうのでそこが注意かなと。仮に下がってもサンリヴァルやオウケンムーンあたりに比べると劣るので、前を取りに行ってナンボ。ケイティクレバーの出方次第ですかね。

逃げてハイ持ち込めば!?ケイティクレバー

冒頭でも記入しましたが、ここに来て活躍中のハービンジャー産駒からはケイティクレバーが皐月賞に出走予定となっています。ここまで逃げて好結果を出しているケイティクレバーですが、今回のメンバーは逃げ馬が多い感じですので、簡単にハナを取れるかというのも重要なところでしょうか。アイトーン、エポカドーロとの最序盤が重要で、最内枠を引けたら持っていると行ったところかなと。ただメンバー的にはちょっとキツイかなというのも個人的な感想です。京都2歳ステークスではアイトーンには先着しているものの、直線であっさりとタイムフライヤーに交わされ、グレイルも一気に脚を伸ばして交わされた感じでした。まあ、舞台が京都なので、どうしてもスローになりがちな感じですので、中山競馬場でペースを引き上げた時にどうなるかなと行ったところ。前走のすみれステークスでもキタノコマンドールみあっさりとやられている感じです。いずれもスローからの結果。ペースを引き上げた時にどうなるかなといったところで、むしろペースをグイグイあげてもらい結果を見たいなというのもあります。あとの不安としては、何せここまでの出走が全て西で行われており、今回が初の関東での競争。血統的には牝馬に強馬がおり、紫苑ステークスや秋華賞を制している血統。スピードこそは早くないもののトップスピードの持続力は抜群なので、中緩みする向正面で少しずつペースを引き上げて欲しいところでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

福島牝馬ステークス!優勝は7歳ウキヨノカゼ!

ヴィクトリアマイル前哨戦の福島牝馬ステークスは、先週土曜日に行われ、見事に3番人気のウキヨノカゼがV。

番狂わせとなったレパードステークス!重賞初制覇は11番人気のローズプリンスダム!

気持ち良いほど大荒れとなったレパードステークス。勝ったのは11番人気のローズプリンスダム。エピカリスは前塞が…

大荒れを制したインカンテーション!今年の武蔵野ステークスを制覇!

チャンピオンズカップの出走優先権を獲得したのはインカンテーション!カフジテイク、まさかのブレーキといった感じ…

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。