先週土曜日に、中京競馬場にて中日新聞杯が開催されました。これで国内重賞レースにおける2000m級の古馬戦は終了。残りは有馬記念のみとなりました。さて、その中日新聞杯は非常に盛り上がった感じです。メートルダール、ミッキーロケット、ロードヴァンドール、マウントロブソンなどなど、有馬記念にも顔を出しそうなメンバーが今年の中京競馬場ラストを見事に飾ってくれましたよ。
ペースはかなりのスローで流れた展開となりました。

仕掛けが遅かった!ミッキーロケット

個人的には和田竜二騎手を贔屓しているのであまり言いたくないですが、あまりにも仕掛けが遅かったのかな?と感じてしまうところでしょうか。もしくはミッキーロケットの反応が遅かったか?この2つの疑問といったところです。
ペースが超どスローに流れてしまっていたことで最序盤のポジショニングが重要なところ。ミッキーロケットはうまい具合に中団の外目、ヴォージュのお尻を見るカタチで追走。ここまでは問題なく、今回のメンバーであれば連対率100%を信じれた瞬間でした。うまくいけば、2馬身ほどで突き抜けてくれるのかなとも期待したほど。気になるのはスズカデヴィアスやマウントロブソン、メートルダールの末脚軍団あたり。3コーナー辺りから前へに捉えに行くのかと思いきや反応なくそのまま4コーナーカーブへ。マウントロブソン、メートルダールがグングン押し上げているなか、ミッキーロケットは動かず。結局メートルダールと並ばれて直線もあっさり先を行かれてしまい、やっと伸び出したのがラスト100mあたりから。そこからの加速は流石でしたが届かず、勿体ない感じの2着。和田竜二騎手らしくない惨敗といった感じです。ミッキーロケットの適正は、そもそもが2400mか2500mと2000mは短いと当初から思っていました。基礎スピード面が打ち消されてしまった今回の展開から言って、もっと早めの仕掛けが欲しかったなと感じています。
次走は有馬記念か?それとも2連覇かけて日経新春杯からの始動となるのか?今後も注目です。

C.デムーロのうまさが際立った!メートルダール

一言で唸らされた感じでした。どちらに?と言われれば、両者にと言ったところで、クリスチャンの仕掛けどころにも驚いたし、メートルダールの個体能力にも唸らされたと言った感じです。最後の直線は、ただ一頭だけ光り輝いており、一気に突き抜けてゴール。最後はミッキーロケットに若干差を詰められたものの、2000m適正という強さを十分に発揮してくれたレースだったのかなと感じます。
スタート自体はやや出遅れてしまったため、後方からの仕掛けとなった今回。内にフルーキーを左後方から見ながらのレース。ペースはかなりのどスローだったことで、クリスチャンが3コーナーで押し上げて中団へと歩を進ませ、直線では後ろからマウントロブソン、横にミッキーロケットを置いてトップスピードへ。ここでは、完全にミッキーロケットにキレ勝ちしミッキーロケット、マウントロブソンを置いてけぼりにしての完勝。上がり3Fも33.6とメンバー2位のキレでした。この感触から言って来年の大阪杯あたりも面白い感じになりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

今年のジャパンカップ!ダービー馬対決も面白い

今年のジャパンカップにはダービー馬が3頭も出走するんです。

スターホース・有馬記念出走馬たちが動き出す!今週末は金鯱賞〜メートルダール・ダッシン…

後半特化ならメートルダールもダッシングブレイズもチャンスあり?

今週末はフローラステークス!優駿牝馬(オークス)の前哨戦に注目!

さぁ、今週はオークスの前哨戦となるフローラステークス。人気を集めそうな二頭に注目です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。