8/8 vs ヤクルト 16回戦(神宮)

両軍あわせて6本の乱打戦に打ち負け、、、

両軍あわせて6本の乱打戦に打ち負け、、、

ベイスターズ 5-8 スワローズ

勝:山中浩史(2勝4敗0S)
S:ルーキ(3勝4敗2S)
敗:久保康友(4勝2敗0S)

本塁打
ヤクルト バレンティン 24号、山田哲人 17号、リベロ 3号
横浜 筒香嘉智 16号、戸柱恭孝 7号、梶谷隆幸 13号

広島に連敗し、今日は勝ちが欲しい試合でした。初回に筒香嘉智のツーランで幸先よく先制したものの、ヤクルトの一発攻勢に打ち負ける形となりました。

横浜先発の久保康友が、3回、バレンティンに満塁本塁打を打たれたことで、流れを持っていかれましたね。5回には山田哲人のツーランで引き離されましたが、粘るベイスターズは6回に戸柱恭孝と梶谷隆幸が2者連続のホームランで一時は1点差まで詰め寄りました。しかし、反撃はここまで、逆に8回には再び突き放されてしまいました。

ここで3連敗は痛いなぁ~

8/9 vs ヤクルト 17回戦(神宮)

ベイスターズ 7-2 スワローズ

勝:ウィーランド(6勝2敗0S)
S
敗:梅野雄吾(0勝1敗0S)

本塁打
ヤクルト リベロ 4号
横浜 戸柱恭孝 8号、ロペス 22号

連敗を止めたい横浜の先発は自身3連勝をかけてウィーランドが登板。6回1失点と好投したウィーランドに対し、この日は打線が早い回から援護点。2回に、戸柱恭孝が2戦連続となるツーラン!さらに倉本寿彦のタイムリーでこの回3点!その裏に1点を返されるものの、3回にはロペスの犠牲フライと宮崎敏郎の打席の際に暴投があり2点を追加し、5-1としました。

ウィーランドはソロ本塁打を浴びたものの、6回を2安打に抑える相変わらずの好投っぷり。すっかり勝ち星が期待できる投手ですね。その後も、砂田毅樹とパットンが無失点。9回の攻撃でロペスのダメ押しツーランで、完勝!!、、、といきたいところでしたが、4番手の三嶋一輝の1失点はいただけませんでしたね。

それでも試合は7-2で勝利し、連敗ストップ!!また勝ちを積み重ねていきましょう!!

8/10 vs ヤクルト 18回戦(神宮)

ベイスターズ 6-1 スワローズ

勝:今永昇太(9勝5敗0S)
S
敗:石山泰稚(3勝6敗0S)

本塁打
横浜 宮﨑敏郎 9号、ロペス 23号

カード勝ち越しと連勝をかけて、マウンドにたったのは今永昇太!序盤こそ手に汗握る投手戦の様相でしたが、ベイスターズが終盤の猛攻を見せ、最終的には6-1の圧勝でした。

横浜先発の今永は先制点こそ許したものの、7回4安打1失点、粘りの投球でチーム最多、自身としても最多となる9勝目をあげました!!昨年は8勝9敗で後半は3勝4敗と夏場に勢いがなくなったものの、今年は7月17日から無傷の4連勝!!これは後半の投手陣を牽引してくれることでしょう!!次の登板も楽しみです!!

そして次は阪神との3連戦!!最低でもカード勝ち越しして、2位・阪神との差を少しでも詰めたいですね!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ベイスターズ、優勝への道 vol.37 〜YOKOHAMA STAR☆NIGHT!中…

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

野球から生まれた流行語Part3

野球は時に、時代の象徴とムーブメントを作り出すものです。

ミニッツ・メイド・パーク

ヒューストン・アストロズの本拠地

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。