宇宙空間でのトイレ問題に巧妙の光となるか?

昨年から、米航空宇宙局(NASA)が、宇宙飛行士らが宇宙服を着たまま排泄行為が行える仕組みのアイデアを募集していた。上位3つのアイデアには合計3万ドルの懸賞金が与えられるこの企画。今回、その受賞者が発表されました。

世界中から5,000件以上のアイデアが寄せられた中で、トップに輝いたのは家庭医で空軍医でした。賞金を手にした彼は「M-PATS」と呼ばれるアイデアでこの栄冠に輝きました。

宇宙の排泄行為って大変!!

考案された仕組みは外科の低侵襲手術(傷口をできるだけ少なくする手術法)にヒントを得たもので、宇宙服の内部にごく小さな気密室を作り、そこに挿入したカテーテル、もしくは特殊な便器(内部で膨張可能なもの)を通じて排泄物を取り出すという仕組み。

動脈に挿入したカテーテルで心臓弁を交換する手術でも使われているテクノロジーで排泄物を取り出すそうです。

今回の懸賞には他にも多数の有用なアイデアが寄せられているそうで、、NASAは今後の宇宙での活動にそれらを活かしていく予定だそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ハミングFine ふわさらスルー リニューアルに伴い、新CMスタート! 愛すべき汗っ…

花王株式会社の柔軟剤ブランド「ハミングFine」は、パッケージ大幅リニューアルに伴い、TVCMを刷新すると発…

”ぽんしゅグリア”で日本酒をもっと楽しく美味しく★甘くフルーティで恐ろしいほど飲みや…

株式会社FARM8が展開する日本酒カクテルの素「ぽんしゅグリア」は、新しい日本酒の楽しみ方と農産物の出会いを…

世界初!国際的なスポーツ大会の食品調達基準GAP認証食材使用 ビュッフェダイニング『…

農家直営のビュッフェダイニング「グランイート銀座」が3月20日(水)、有楽町にオープンいたします。

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。