老化のメカニズムを知るために、まずは「肌」について知っておきましょう。あわせて、あなたの肌の老化度もチェック!

老化は10代後半から始まっている!?

個人差こそあれ、誰でも若い時は生き生きした肌をもっていた(いる)はずです。しかし、年齢とともに肌は衰え、みずみずしさを失い始めます。ある程度仕方のないことです。
昔から「25歳はお肌の曲がり角」といわれてきました。しかし実際には成長期を過ぎた頃、つまり10代後半から肌の老化は始まっているともいわれています。

実際の年齢とは別に、見かけの年齢を表す「肌年齢」という言葉を聞いたことがあるでしょう。若いうちならこの2つにあまり差はありません。しかし年をとるにしたがって、この差は次第に広がります。つまり、同じ年齢でも若く見える人と老けて見える人の差がはっきりしてくるのです。確かに、40代なのにシワもほとんどなく肌がつやつやしている人もいれば、20代でも肌にハリがなく老けて見える人もいます。この差はいったいどこから生まれるのでしょうか?

健康な肌は28日周期で新しく生まれ変わる

老化のメカニズムを知るために、まずは皮膚の構造を理解しましょう。 人間の皮膚は大きく分けて「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層に分かれます。

皮膚の構造
●表皮
皮膚の一番外側にあり、皮膚の内部を守っています。厚さは平均0.1mm。
表皮はさらに「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4層から成っています。ふつう「肌」というと一番外側の角質層を指すことが多いようです。
●真皮
肌に弾力・ハリがあるかどうかはこの真皮の状態によります。いわば、肌の心臓部です。
●皮下組織
体温を維持したり、エネルギーを貯蓄したりするところです。
肌にはターンオーバーという「生まれ変わる力」があります。まず表皮の基底層で新しい細胞が作られ、それが皮膚表面に向かって少しずつ変化しながら押し上げられ、最後にはフケや垢となってはがれ落ちます。こうして新しい細胞と古くなった細胞がいれかわる新陳代謝が絶えず行なわれています。
健康な肌なら約28日周期でこの新陳代謝が繰り返されています。しかし、年齢とともに新陳代謝は鈍くなり、周期も長くなります。さらに紫外線・乾燥・ストレスなどさまざまな要因によっても周期は崩れ、うまい具合に新しい皮膚が再生されなくなるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

美肌、ダイエット、花粉症にも?元祖”スーパーフルーツ”「プルーン」の秘密

最近巷で何かと話題の「スーパーフルーツ」。 タイガーナッツやチアシードなどが流行る前から、実は以前から私達の…

食事制限は苦手!!そんな方におススメの8時間ダイエットとは?

食事制限したくない!! 食事制限苦手!! でもそろそろ痩せたい… そんな方におススメの8時間ダイエットをご紹…

飲むだけで女子力アップ?!ローズヒップティーの美容効果とは??

ローズヒップティーの効果、おススメな飲み方について紹介していきたいと思います。

1077

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。