紅茶の効能にどのようなことを期待しますか?紅茶に含まれる成分については、いまだ研究段階であり、知られていない効能が多いことも事実です。例えば、アッサム種と中国種の茶葉の違いをはじめ、発酵の度合いなどによっても成分が大きく変化してしまうため、一概に“紅茶”という括りで効能を実証することが難しくなっています。
そこで今回は、現段階で解明されている“紅茶の効能”について詳しくご紹介していきます。健康や美容にうれしい複数の効果がでてきますので、これを読んだあとは紅茶が飲みたくなるかもしれませんね。

紅茶に含まれる紅茶ポリフェノールの効果

「紅茶ポリフェノール」については、よく耳にすることがあり、興味をお持ちの方も多いと思います。
この注目すべき成分「紅茶ポリフェノール」は、茶葉の発酵によって生まれる成分で、紅茶の赤い水色をつくる「テアフラビン」や「テアルビジン」などと呼ばれるものです。これらが健康や若々しさを保つために効果を発揮してくれます。

ポリフェノールには、抗酸化成分が何種類も含まれています。ポリフェノールは植物の皮、種子の部分に含まれる成分で、色素やアクの元となっています。植物が生きていくための成長を促したり、外からの刺激から自らを守る働きをしています。
紅茶の渋みのもとである「タンニン」や、お茶の成分として有名な「カテキン」もポリフェノールの一種です。
ポリフェノールを人間が摂取した場合、体の老化や錆びつきを抑える効果があると言われています。
つまり、老化を食い止めるといわれているサプリメントを飲んだり、高価な美容クリームなどを買わなくても、紅茶を毎日飲んでいれば、体全体の錆びつきを防げる、ということなのです。また、メラニン色素の抑制、冷えの改善などにも効果があります。
女性にとって、こんなに嬉しい効果があり、しかも手軽な飲み物はありません。
ぜひ、お水のような感覚で、毎日のように取り入れてみてはいかがでしょうか。

カフェインとテアニンで疲労回復やストレス解消・リラックス

紅茶に含まれる「カフェイン」は悪者のように言われていますが、実は健康や気分転換に良いのです。アミノ酸の一種である「テアニン」にもリラックス効果があることが分かっています。お茶を飲むとほっとするのは、これらの成分のおかげ。心身の疲労回復やリフレッシュを助けてくれるというメリットを毎日の生活に活かして、快適な生活リズムを作りましょう。茶葉の風味を堪能できるピュアティーや、気分に合わせたフレーバーティーなどの”香りの効果”も加えて、紅茶の効能を取り入れてみてはいかがでしょう。

内側からキレイに。美容やダイエットをサポート

紅茶は、美肌づくりやダイエットなどにも効果的。

【アンチエイジング】-美しさは体の内側から

表面の美しさを保つためには、内側の細胞が元気でなくてはいけません。細胞の劣化を抑え、血流を改善してくれる効果(紅茶ポリフェノールの働き)により、美容と健康の両面からサポートしています。

【ダイエット】-脂肪の吸収を抑制する効果や脂肪燃焼効果

「紅茶ポリフェノール」と「カフェイン」が、脂肪燃焼を助けます。ただし、紅茶だけで痩せるといったものではなく、運動や食事制限などと組み合わせることでより効果を高めると考えてください。また、紅茶にお砂糖やミルクを大量に加えるとせっかくのダイエット効果がなくなりますので、ご注意を。

【ビタミン・ミネラルの補給】-紅茶には、ミネラル類が豊富

「フッ素」は歯のエナメル質を強化してくれる成分。
紅茶を飲むことで、手軽にミネラルを補給できるのはうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

今年の人気ドライフルーツとは

知っているようで知らないドライフルーツの良いところ。

あの“ドロンジョ様”がイオン×ECONECO(エコネコ)とコラボしてキュートに変身!…

イオンリテールは、9月20日(火)より、ファッショナブルな世界観が女性に大人気のイラストレータブランドECO…

乾燥対策は内側から!潤してくれる食べ物とは?

乾燥する時期がやってきました。 この時期になると、肌が荒れやすく悩む方も多いはず。 乾燥対策は内側からもしっ…

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。