最近では、すっかりおなじみとなった高カカオチョコレート。
カカオ70%のものや90%のものまで、様々な種類が販売されています。
ただ単純に、ミルクチョコレートだと甘すぎるから、高カカオチョコレートを好んでいる方もいるかと思いますが、便秘解消やダイエット、脳の働きを高めてくれるといううれしい効果が期待されています。
そんな高カカオチョコレートについてご紹介します。

高カカオチョコレートとは?

高カカオチョコレートには、実ははっきりとした定義はありません。しかし、一般的にはカカオの含有率が70%以上のチョコレートが、高カカオチョコレートとして分類されることが多いです。
通常のチョコレートは全体の約30〜40%のカカオを使用し、それに乳成分や糖分を加えて作られています。
高カカオチョコレートは、砂糖やミルクなどの量が少ない分、主原料であるカカオ特有の味わいが強く、甘さがやや控えめな点が大きな特徴です。

チョコレートがダイエットにいい理由

太る原因の一つにストレスによる食べ過ぎがありますが、チョコレートには「テオブロミン」という苦味成分が含まれており、セロトニンの働きを助けます。
このセロトニンとは、精神を安定させる働きのある神経伝達物質です。
つまりチョコレートを食べることで気持ちが落ち着き、過食を防ぐ効果が期待できるわけです。
しかしながら、何でもかんでもチョコレートを食べたら痩せるわけではありません。カロリー&糖分が多めのものを食べた場合は、太る原因につながってしまいます。
そこで、おすすめなのが高カカオチョコレートというわけです。

高カカオチョコレートに期待できる3つの魅力

①低GIで血糖値をコントロール
GIは血糖値が上がるスピードを数値化したもので、GIが高い食品は血糖値を上げやすく、GIが低い食品は血糖値を上げにくくなります。
通常のミルクチョコレートだとGIが91となるのに比べ、高カカオチョコレートはGIが22と大幅に低くなるため、集中力を切らさずエネルギーを補給したい時などにはとてもおすすめです。

②便秘解消・美肌効果に期待
高カカオチョコレートには、カカオに含まれるカカオポリフェノールが豊富に含まれています。このカカオポリフェノールには、腸内環境を整えて便通改善を促す食物繊維が豊富です。定期的に適量摂取することで、便秘の改善や予防につながるでしょう。
また、抗酸化作用を持っていて、肌を若々しく保ったり、血をさらさらにしたりするエイジングケア効果もあるとされています。

③記憶力アップや認知症予防
脳にはBDNF(脳由来神経栄養因子)と呼ばれる、脳神経を作る際の栄養分として働く物質があります。
カカオポリフェノールには、アルツハイマー型認知症や認知機能との関連性があるとされているBDNFに働きかけて、脳の認知機能を高めるという研究報告もあります。認知機能の向上によって、記憶力アップや認知症予防につながる可能性があるでしょう。

たくさんの効果が期待できる高カカオチョコレートですが、苦そうなイメージがして試したことがなかったという方もいるのではないでしょうか。ダイエット中の方はもちろん、そうでない方もぜひ一度高カカオチョコレートを手に取ってみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

“平成最後”の忘年会を10倍楽しむためのケータリングアイデア!

平成最後の忘年会はケータリングを活用したオリジナリティ溢れる忘年会はいかがですか?忘年会を10倍楽しむための…

スポラボ編集部 / 590 view

たったスプーン1杯で栄養バランスを整える!スーパーフード「ヘンプシード」

チアシードに続くスーパーフードとして「ヘンプシード」が注目されています。

大河原奈々未 / 1243 view

大阪人が愛する粉物料理!お好み焼きとダイエットと運動!

とにかく塩っぱい食べ物が多い大阪。特に粉物が多いですよね。その中でもお好み焼きは代表的な料理。そのお好み焼き…

Hiroyuki.K / 1159 view