はじめに

みなさんはプロ野球でホールドがあるのはご存じでしょうか?
昔は先発投手や抑え投手などに注目が集まっていましたが、
現在では中継ぎ投手の重要性にも注目が集まっていますね。
そんな中継ぎ投手とホールドの関係性とはどんなものなのでしょうか?
今回はそんなホールドに注目したいと思います。

ホールド

野球のホールドは、中継ぎのピッチャーに与えられる記録の1つです。

ホールド(hold)には「保つ」という意味があり、中継ぎの「リードを保つ、試合展開を保つ」という役割から「ホールド」と定義されています。

野球のピッチャーには先発、中継ぎ、抑えとで役割が異なり、

先発→勝利数、中継ぎ→ホールド数、抑え→セーブ数

という項目でそれぞれ成績が評価されます。

つまり、ホールドとセーブとの違いは、中継ぎのピッチャーなのか抑えのピッチャーなのか、ということが大きなポイントになります。

出典:YouTube

条件

ホールドの権利を得るために必ず満たさなければいけない条件は以下の4つです。

①先発投手、勝利投手、敗戦投手のいずれにも該当せず、セーブも記録していない

②救援投手として登板し、試合終了まで投げていない

③アウトを1つ以上取っている

④降板後、自身に記録された失点によって同点になったり逆転されたりしていない

これら4つの条件は最低限満たしていないといけません。

リードしている場合

<自チームがリードしている時>
①3点以内のリードで登板し、1回以上を投げてリードしたまま降板する。

②2者連続で本塁打を打たれたら同点もしくは逆転される場面で登板し、1/3回(1アウト)以上投げて、リードしたまま降板する。

この条件は、登板時に塁上にいるランナーの状況によって異なります。

・ランナー無し→ソロHR+ソロHR=2点差以内

・ランナーが1人→2ランHR+ソロHR=3点差以内

・ランナーが2人→3ランHR+ソロHR=4点差以内

・ランナー満塁→満塁HR+ソロHR=5点差以内

それぞれの状況で、1アウト以上投げてリードを守り切ればホールドの権利が得られます!

③点数差に関係なく、3回以上を投げてリードしたまま降板する。

同点の場合

①同点のまま失点せずに降板する。

②登板中に自チームが勝ち越した時、そのリードを保ったまま降板する。

初めに挙げた4つの条件を満たした上で、これらの条件の内1つを満たせば、ホールドの権利が与えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ZOZOマリンスタジアムのシート

マリンスタジアムのシートは多種多様。行く価値ありです。

育成枠出身の1流選手

ひと昔前だったら生まれてなかった! シンデレラストーリーを歩んだ育成枠出身選手をご紹介します!

ベイスターズの平成のドラフト1位を振り返る!平成21年〜平成30年編

新元号【令和】となった日本! 今年のドラフトは令和初のドラフトです。 そんな今年だからこそ、平成時代のドラフ…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。