はじめに

みなさんは椎間板ヘルニアと言う言葉を知っていますか?
言葉は知っていても、どういったものなのか、どういった症状なのかはわからないと言う人もいるかと思います。
ヘルニアは知っているけど、椎間板ヘルニアは知らないなど。
今回はそんな椎間板ヘルニアについてですが、少しだけ紹介したいと思います。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨の間にある椎間板というものの一部が飛び出して神経に当たり、手足の痛み、しびれなどの症状が出る病気です。椎間板は背骨の骨と骨の間のクッションのようなもので、椎間板のおかげで背骨がしなやかに動くことができます。背骨の後ろ側には脊柱管という骨に囲まれた空間があり、この中には脳と手足をつなぐ神経が通っています。ここに椎間板が飛び出して神経が押されると、その神経が伸びて行った先の手足の痛みやしびれを感じたり、手足が動き難くなったりするわけです。

症状

首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)では、主に手の痛み・しびれ、動かしにくい、力が入りにくいという症状が出ます。ヘルニアの場所によって痛みやしびれが出る場所は違い、首筋や肩甲骨の辺りが痛くなることもあります。ヘルニアが大きい場合には足もしびれる、歩きにくいといった症状が出ることもあります。

腰のヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)では、主にお尻や足の痛み・しびれ、動かしにくい、力が入りにくいという症状が出ます。痛みやしびれは下半身のどこにでも出る可能性がありますが、特にお尻から太ももの裏側の痛みは坐骨神経痛と呼ばれ、腰のヘルニアの代表的な症状です。

手足の症状が出る前に、首や腰の痛みだけを感じることもあります。急に症状が出ることもあれば、徐々に出ることもあります。

首のヘルニアでも腰のヘルニアでも、神経が非常に強く押されている場合にはおしっこやお通じが出にくい、漏れてしまうという症状が出ることもあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

一度は気になったことのあるのでは?整骨院と接骨院の違いとは何なのか?

「整骨院」「接骨院」を開業するためには、「柔道整復師」という国家資格が必要です。 逆にいうと、この国家資格が…

体が硬いと人は、疲れも溜まりやすい可能性があるのはなぜか

「10代の頃は疲れが何日も残ることはなかったのに…」 その原因の一つとして、体の柔軟性が落ちている・・・すな…

『先攻・後攻』『先手・後手』といった競技で後攻・後手が有利と言われる競技はあるか

先攻・先手有利と言われる競技がほとんどのなか、後攻・後手が有利と言われる競技はあるのでしょうか・・・

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。