量販店を彷彿とさせるチラシデザイン

フリマアプリ「メルカリ」は、折り込みチラシが多くの主婦(主夫)たちにとってお買い物の重要な情報源であり、生活にとって欠かせないものになっている点に着目し、12/12(水)、12/15(土)、愛知県と北海道をテストエリアとし、メルカリにとって初となる新聞折り込みチラシを配布することを発表しました。

今回配布するチラシでは、アパレル量販店では2990円相当のジャケットが、「340円など」と紹介されたり、電化製品量販店では、50000円相当の40型テレビが、「衝撃プライス 32980円」と紹介されたり、量販店が配布するチラシを彷彿とさせるデザインとなっており、 中には、「トイレットペーパーの芯 大放出!」や、「イヤホン片方売ります」など、メルカリならではの遊び心もちりばめられています。愛知県と北海道で配布された、メルカリの新聞折り込みチラシはSNS上でも話題になっています。

メルカリが「国民的インフラ」を目指す狙い

これまでメルカリは、フリマアプリ市場 約4,835億円(※)の中で成長し、2018年8月時点でメルカリ(JP)サービス内での流通総額が3,486億円に達したそうです。今後はより一層の企業成長と、日本における不要品推定価値 年間約7.6兆円の再流通によるサステイナブルな消費社会の実現に向けて、さらなる企業努力を続けていくとのこと。今回の3つの企業アクションを通じ、様々な地域の方やシニア世代の方など、より幅広い方にサービスを利用してもらうことで生活に必要不可欠なサービスを目指すそうです。

「シニア限定座談会」について

終活・生前整理などの機運の高まりから、60代以上のフリマアプリ「メルカリ」活用の広がりをうけ、12月5日(水)にメルカリとして初となる60歳以上の利用者に限定した座談会を開催。参加者は「元気なうちに生前整理をしたく、不要になったものを誰かに使ってもらいたくて始めました。次の人にも大切に使ってほしいので手紙を入れて送っているのですが、その手紙を見て”思いが伝わりました!大事にします!”という評価をもらったことが一番嬉しかった。」とコメントされたそうです。さらに、 朝日カルチャーセンター主催の中高年向けメルカリ講座「メルカリしようよ」の実施など、3つの企業アクションによって、スマホアプリの枠を超えた幅広いユーザーとの接点をつくり、日本の不要品推定価値 約7.6兆円(※)の再流通を目指すとのこと。手軽で簡単に出品、売買できるフリマアプリ「メルカリ」の今後の試みに注目ですね。

※…経済産業省(2017年4月、2018年4月)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

新イメージキャラクター「新垣結衣」さんがみずみずしい花々に囲まれ、パーカー姿で変わら…

ライオン株式会社は、「咲きたてアロマ製法」で、好きな香りがずっと変わらずに続く衣料用柔軟仕上げ剤『ソフラン …

「カメ止め」スピンオフ、ついに劇場公開決定!「カメ止め」の聖地、池袋シネマ・ロサで1…

ネスレ日本株式会社(兵庫県神戸市、代表取締役社長兼 CEO 高岡 浩三)は、カメラを止めるな!スピンオフ『ハ…

今年のクリスマスプレゼントはスーパースポーツゼビオでオリジナルアイテムを送ろう!

ゼビオ株式会社(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:加藤智治)が運営する、全国170店舗のスーパースポーツゼ…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。