今週土曜日は、日本ダービーの前哨戦でもある青葉賞が東京競馬場にて開催されます。3歳春の大一番でもある日本ダービーと同じコースで行われるため、とても注目される一戦です。日本ダービーには、先日行われた皐月賞組と、この青葉賞組が出走メンバーの大半を占める形となります。昨年の覇者はアドミラブル。ただ、ここ数年では、青葉賞組からのダービー馬が誕生しないという不名誉なレッテルを貼られつつあり、昨年も青葉賞を完勝したアドミラブルは本線の日本ダービーでは3着と及ばない結果でした。この呪縛を解く馬は現れるのでしょうか?今回は、トップスピード戦であれば一気に浮上するであろうダノンマジェスティと、常に一級を相手に奮闘しいているゴーフォザサミットについて書いてみようと思います。

真っ直ぐに走りさえすれば!ダノンマジェスティ

ここまで3戦の2-0-0-1といった結果で、新馬戦のラスト1ハロンを10秒台で走り切ってきたダノンマジェスティも出走予定となっています。この馬の良さは何と言ってもトップスピードに乗ってからの加速力、それから底知れぬ持久力かなといったところで、このまま順当に行けば菊花賞あたりも面白い素材かなといった印象ですただまだまだまだ無駄が多い印象で、とにかく真っ直ぐ走れていない感じです。それが右回りだから問題があるのかどうかといったところですが、外に外に行きたがる癖が強いのかも知れません。新馬戦もレースが終わってからも外ラチに激突しそうな勢いで寄れていた感じでした。そこさえ治ってくれてればといったところと、トップスピード乗るまでが時間がかかる感じですかね。その辺、3コーアーあたりの坂を利用して勢いつけることができれば一気に浮上も、どうしても直線の蛇行が気になるので、出来れば外枠を引けたらラッキーかなと。道中は中目中団で待機し、3コーナーあたりで外へ徐々に振って、直線はむしろ大外からトップスピードに乗せてあげれば良いのかなと言う感じで、これが全てハマればとても怖い存在になると思いますよ。連対を視野に、可能性的には1着もあり得ると感じています。

ゲートが決まれば!ゴーフォザサミット

2歳時はクラシック候補の一角でもあったゴーフォザサミットも青葉賞に出走予定となっています。ここまで5戦2勝の2-0-0-3といった戦績ですが、相手関係が意外に強敵ぞろいであったので、連対しないのも納得と言ってしまえば納得ではあるものの、クラシックをとるにであればそうは言ってられないのも事実かなと。とにかく素質は良いのですが、全てはゲートに難があると言うところかなと。人間であれば、スタートの練習を反復で練習できるのですが、その辺、ゴーフォザサミットもわかってくれていればと言う感じですね。脚は長く使えるし、トップスピードも良い部類に入るかなと。しっかりとスタートをきり好位につけることさえすれば上位だけではなく2着までに入り、日本ダービーの切符を手にして欲しいところ。共同通信杯の時のようにで負けしてしまい皐月賞の切符逃してしまったような同じヘマだけはしないでもらいたいところ。道中は中団内目で待機し、こちらも3コーナー下りで勢いに乗ってトップスピードで突き抜けて欲しいところですが、今回もそこそこトップスピードのある馬揃い。今回もキツイかな。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

中距離馬G1初戦!今週末は大阪杯 〜アルアイン・ゴールドアクター〜

吉田隼人騎手とのコンビでゴールドアクター復活を願います。

G1レース7連覇でピリオド・お疲れ様キタサンブラック!今年の有馬記念

キタサンブラックの勇姿をもう見れないと思うと、やはり寂しい気持ちになりますね。

見事な差し切りで秋華賞制覇!ディアドラ

強さは本物のようでした。見事に3連勝で秋華賞を制覇。差し切り見事なディアドラでした。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。