今週の日曜日は阪神競馬場にて第78回桜花賞が開催されます。いよいよ春のクラシックが開幕ですね。桜満開を過ぎ、現在は散り始め所々に葉桜状態となっている仁川ターフの舞台に、3歳クラシックの開幕戦として注目されるこの桜花賞。昨年はレーヌミノルが桜花賞を制したレースです。今年もしのぎを削って勝ち上がってきた強馬が集まっています。この中からどの馬が勝つのか?はたまたジェンティルドンナ以来となる、三冠制覇を成し遂げる馬が現れるのか?今回の中でもその三冠馬に最も近いのがオルフェーヴル産駒のラッキーライラックかなと。そしてスローからの瞬発力を活かしてくるマウレアあたりもチャンスありかなといったところ。今回はこの二頭について書いてみようと思います。

アーモンドアイ
アマルフィコースト
アリア
アンコールプリュ
アンヴァル
イサチルルンルン
コーディエライト
サヤカチャン
シグナライズ
スカーレットカラー
ツヅミモン
デルニエオール
トーセンブレス
ハーレムライン
ファストライフ
フィニフティ
プリモシーン
マウレア
モルトアレグロ
ラッキーライラック
ラブカンプー
リバティハイツ
リリーノーブル
レッドサクヤ
レッドレグナント

以上、25頭の登録出走予定馬です。

2歳女王が仁川で輝けるか!?ラッキーライラック

ここまで4戦4勝と無傷でクラシックに挑むのが、今回のクラシック候補のラッキーライラックです。とはいえ、2歳女王に輝いた過去に輝いた馬のクラシック完全制覇の確率は低く、昨年の2歳女王のソウルスターリングもオークスでようやっと勝ったカタチで面目を保った状況。ここまでの状況は昨年のソウルスターリング同じ4連勝という感じなので、果たしてラッキーライラックにチャンスはあるのか?という疑問も出てきます。もちろん昨年のこの時期はソウルスターリングが絶対に勝つ的な記事も多く目にしていたものの、結局はレーヌミノルが優勝し、リスグラシューにも差されての3着。誰もが予想しにくい着順だったのかなといったところでした。そして今のところもラッキーライラックを本命視する記事がやたらと目立つのも昨年のソウルスターリングと同じ。ただ1つだけ大きく違うのは馬場状態で、昨年は力のいる稍重ですが、今年は気温も非常に高く、更に高速馬場状態で出走できるという点。高速馬場状態であれば、ある程度の好位について追走ができることが予想できるため、どの枠でも特に問題はないのかなといった感じですが、スローになりがちの3歳クラシックにおいては内枠よりも外で自由に出し入れできる枠が好ましいのかもしれません。あとは、この条件になるとアーモンドアイの末脚をどう防ぐのかという感じで、出来るだけアーモンドアイよりも前にいて早めに動いてもらいたいところ。ここまでの4戦をコンビ組んでいる石橋騎手であれば、ラッキーライラックの良さを引き出してくれるとは思いますので、安心しても良いかと。どちらにしても、軸にしなくてはならない一頭で、連対はするだろうという感じです。

武豊騎手とのコンビでクラシック制覇!?マウレア

新馬から4戦は戸崎騎手とのコンビ。阪神JFではラッキーライラックに先着されての3着。そして前走からは武豊騎手とのコンビで挑んだ桜花賞の前哨戦チューリップ賞でもラッキーライラックに先着されての2着と、ここまでの対ラッキーライラックは2戦2敗と上下関係ができつつあるマウレアも桜花賞に出走予定です。3着、2着と徐々に差は詰め寄っているものの、上がり3F勝負でも勝ることができていないのもやはり気になるところで、今回も高速馬場状態での出走となれば逆転できるとは思えないのが現状ですかね。ただ、リリーノーブルには先着しているので、ラッキーライラックに負けはしているものの実力こそは世代屈指といっても間違いないにかなと。あとは武豊騎手の神騎乗に任せるといったところでしょうか。チャンスがあるとすれば、スローであることは絶対条件で、ラッキーライラックがゲートで出遅れること。更に内枠で好位に進めて、直線で内ラチの前がパッと開けるラッキーがあり早めにトップスピードに乗せること。これらの条件が揃えば昨年のレーヌミノルのようになるのかなといったところかなと。とはいえ、2歳時とはライバルが更に強敵になっているので、そうは簡単にはいかないかなというにが個人的な印象です。とても扱いに困っている一頭です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

レインボーラインが悲願のG1制覇!今年の天皇賞春

久々に最強世代と言われていた現5歳馬勢が活躍。1着のレインボーラインに、4着のミッキーロケット。この勢いに乗…

安田記念への道!今週末は東京新聞杯

今週末は東京新聞杯。安田記念の参考レースですね。

エプソムカップ!勝敗の鍵はダイワメジャー産駒次第!?

まだまだ熱い東京競馬場。今週末はエプソムカップです。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。