史上初の春夏連覇

作新学院は高校野球史に輝く古豪として高校野球界を席巻していました。
その燦然たる実績として1962年の甲子園春夏連続優勝があります。
1962年、第34回選抜高等学校野球大会に出場し、八木沢荘六・加藤斌を擁して選抜初優勝。同年夏の第44回全国高等学校野球選手権大会では、八木沢が欠場したものの、加藤が一人で投げ切って選手権初優勝。この作新学院に甲子園春夏連続優勝は当時高校野球では成し得なかった史上初の快挙でした。

怪物・江川卓

作新学院の歴史を語る上で忘れてはならない偉大な人物がいます。
それが、怪物・江川卓です。
高めのバックスピンが良くかかった速球と良く曲がるカーブを武器に、打者を圧倒。栃木県大会・関東大会でノーヒットノーラン9回、完全試合2回を記録する高校野球史上類を見ない圧倒的な成績を残した伝説の投手でした。
しかし、当時の作新学院の打線は貧打で、高2までは甲子園出場には届かずにいました。
やっと出場を果たす事ができたのが、高3の春の1973年第45回選抜高等学校野球大会に出場。この時に江川は60奪三振(大会記録)等の活躍でベスト4進出。そして同年の第55回全国高等学校野球選手権大会にも出場。2回戦雨の中の銚子商戦で延長12回の末、押し出し四球でサヨナラ負け。
それでも甲子園では高校野球ファン記憶に残る快投を見せました。

黄金時代真っ只中!

その後、作新学院は1979年の春の選抜出場を最後に80年代、90年代と甲子園出場が遠ざかっていました。
それでも2000年の第72回選抜高等学校野球大会には21年ぶりに出場を果たし、ベスト8進出。全国の高校野球ファンへ古豪復活アピールをしました。
この時、二塁手で出場していたのが、当時2年生で現在作新学院野球部監督の小針崇宏でした。
小針は作新学院卒業後、筑波大学に進学し、2006年、体育科教諭として母校に戻り、その夏から監督に就任。弱冠23歳での出来事でした。小針の地道な指導が身を結び就任4年目の2009年の第91回全国高等学校野球選手権大会を果たし、2011年から2016年まで6年連続で夏の甲子園出場。
そして記憶にも新しい昨夏の2016年第98回全国高等学校野球選手権大会では、今井達也を擁して54年ぶり2回目の優勝を果たしました。
まさに作新学院は今が黄金期真っ只中の名門校です。
小針監督は弱冠33歳で甲子園優勝校監督になった、若手名将監督として名を上げています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

往年のスター選手〜横浜DeNAベイスターズ〜

往年のスター選手を紹介していきたいと思います。 今回は横浜DeNAベイスターズです。

小さく動く変化球

昔の野球では、ストレート、カーブ、スライダーがメインでしたが、年代が変わり、落ちる球のフォーク、チェンジアッ…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

tokotoko

トコトコとコツコツとやっていきます。