今年もオールスター戦となる有馬記念。
とにかく盛り上がるこのレースが1年の締めくくりとしてあることがたまらないのが競馬ファンたち。「1年終わったな」と感じる方も多いはず。
その中、近年の有馬記念馬で私が特別感動した馬のご紹介と、今年の有馬記念の出走をするのではないかと思う馬を予想してみたいと思います。

これが世界の脚だ 〜オルフェーヴル〜

2013年の有馬記念を飾った馬といえば「オルフェーヴル」。
2011年有馬記念馬でもあります。
前走となったフランスG1レースの凱旋門賞では2着、日本での前走はジャパンカップで1着と申し分ない、2013年有馬記念の1番人気ではじまったレースでした。大抵のレースでは中団より少し前にポジショニングをするオルフェーヴルが、この日は後団に位置。追い込み馬で有名な白い馬体のゴールドシップと3コーナーまでは同じ位置。観衆からも「おいおい、大丈夫かよ」と不安な声もざわめき始めた3コーナーから4コーナーに差し掛かったところで、一気に加速。白い馬体のゴールドシップとオルフェーヴルがグングンと一気にごぼう抜き。そしてゴールドシップは取り残され、気がつけば2着との差を5馬身ものリードで圧勝ゴールイン。最後の最後でも世界の脚を見せつけたオルフェーヴルでした。それにしても池添謙一騎手がやはり1番似合う馬でした。デビュー戦、そしてラストランも池添謙一騎手に手綱を任せたオルフェーヴル。有馬記念を有終の美で飾り引退されていきました。引退式も、多くのオルフェーヴルファンが駆けつけ「感動をありがとう〜」と嗚咽しながら叫んでいたファンもいたほど絶大な人気を誇った名馬でした。

お前は最高の女だ 〜ジェンティルドンナ〜

2014年の有馬を飾った馬といえば「ジェンティルドンナ」。
ドバイシーマクラシックのかいがいG1レースでも勝利しています。
有馬記念をとった牝馬といえば過去に「ダイワスカーレット」のたったの一頭のみ。この事もあり有馬記念では牝馬は勝てないという定説がある中、2014年有馬記念を見事に飾ったジェンティルドンナ。先行逃げ切りというよりも中断からスパートをかけていくタイプの馬で、4コーナーから一気にスパートをかけ、ゴールドシップ、ジャスタウェイなどの最強の追い込み馬を制しての見事1着ゴールイン。有終の美を飾り、この有馬記念のレースを最後に引退されていきました。当時、中山競馬場に駆けつけていたファンからも「お前は最高の女だ〜」と涙しながら叫んでいた方も多く、沢山のファンから愛されていた名馬でした。

今年はこの馬だ 〜キタサンブラック〜

オーナーがあの演歌の巨匠・北島三郎さん。騎手は、ほとんどが武豊さんが務めるとなれば、それはそれは絶大な人気っぷりでしょう。今年に入り5戦3勝。その5戦全てが3着内と、3連単、3連復には名を連ねているだけに、今年の有馬記念出走するだけではなく、間違いなくオッズも人気上位となることは確実でしょう。特性が逃げ馬でもあることから、観戦している側も勝敗が一目瞭然でわかりやすい馬でもあります。やるならとことんと言ったところでしょうか。先日行われたジャパンカップでも、スタートから先頭に抜け出しゴールまで突っ走ったその姿は、最強の名が似合う名馬へと変貌しつつあると感じました。昨年の有馬記念馬の「ゴールドアクター」を制してのこの勝利は、有馬記念でも戦えることを色付けた結果となったことでしょう。
見事1着でゴールインし、北島三郎さんの「祭り」を聴かせてもらいましょう。

さぁ、来い!2016年有馬記念出走予想馬たち

今年の有馬記念開催まで1ヶ月を切りました。
キタサンブラックを始め、安田記念馬のロゴタイプ、マイルCS馬のミッキーアイル、エリ女馬のクイーンズアイル、菊花賞馬のサトノダイヤモンドなどなど、実力馬に加えて、マリアライト、サンズオブアース、シュヴァルグラン、アドマイヤデウス、ラブリーデイなども出馬するかもしれません。人気投票でひょっとしたらメイショウマンボも出走する可能性も。
とにかく予想がとっても出来ないのが有馬記念。ただ一つだけ言えるとしたら、どの馬も格好良いということ。年末は中山競馬場へGO!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

今年のジャパンカップ!ダービー馬対決も面白い

今年のジャパンカップにはダービー馬が3頭も出走するんです。

3歳牝馬強し!ミスパンテールがターコイズステークスを制覇!

3歳牝馬は強し!ミスパンテールが重賞初制覇!

ステイインシアトル初重賞制覇!武豊のリードが導いた勝利!

やはり武豊さんという競馬をしてくれた鳴尾記念。ルメール、デムーロもなす術なしといったところでしょう。

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。