亜麻仁油とは?

亜麻仁油(あまにゆ)は、亜麻の種から作られたオイルです。フラックスシードオイルとも呼ばれ、近年、健康効果が高いとえごま油とともに注目を浴びています。
亜麻は、古くから健康効果が認められ、古代ギリシャ医学で有名なヒポクラテスにより胃腸の調子を良くすると「世界最古の健康食品」といわれます。
そんな亜麻仁油はどんな効果があるかご紹介します。

亜麻仁油の効果

①血栓を防ぐ効能が心筋梗塞の予防に効果的。
亜麻仁油には、血流を改善する効果があります。
亜麻仁油に含まれるα-リノレン酸が、血管をしなやかにして血液の流れを良くする効能があります。
血流が改善することで血栓も防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞の予防に効果があります。

②生活習慣病を予防する効果
亜麻仁油には、生活習慣病を予防す効果があります。
亜麻仁油は、コレステロール値や血糖値を下げる効能があり、これが動脈硬化や高血圧の予防につながります。
また、動脈硬化の引き金になるとも言われる、中性脂肪を下げる効果や、内臓脂肪の燃焼を助ける働きもあります。

③美肌や便秘解消の効果
亜麻仁油には、美肌や便秘改善にも効果があります。
亜麻仁油に含まれるリグナンには、女性ホルモンと同様の働きを持ち、細胞膜に柔軟性を持たせて栄養を吸収しやすくするため、美肌に効果があります。
また、亜麻仁油には、腸管の炎症を抑え、腸の働きを活発にする効能もあり、便秘改善にも効果があります。

④アレルギー緩和や学習能力がアップ
亜麻仁油には、アトピーやアレルギー症状の緩和、免疫機能の改善などに効果があります。
また、亜麻仁油に含まれるα-リノレン酸は、体内でDHAやEPAに変換し、脳の機能が活性化、記憶力や学習能力が高まるとしています。

⑤優れた乳化作用
亜麻仁油には、とても優れた乳化作用があるため、卵の代用品としても利用され、卵アレルギーの方にとても重宝しています。
亜麻仁油は、油では珍しい水溶性で水分と混ざることができます。そのため、ケーキや焼き菓子、マヨネーズなど、卵の代用品として使用されます。

亜麻仁油の取り扱いには注意が必要

いかがでしたでしょうか?
亜麻仁油がいかに素晴らしい効果があるかお分かりになったかと思います。
そんなすごい亜麻仁油ですが、欠点があります。
それは熱に弱いため加熱する料理には不向きという点です。
そのため亜麻仁油はサラダのドレッシングやソース、野菜ジュースに混ぜて使うのが効果的です。
また、亜麻仁油の酸化は早いため、開封したら早めに使い切るようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

そのあくび、病気のサインかも!?

眠たいときや退屈なときに出る「あくび」。どうしてあくびが出るか、知っていますか? ここではあくびが出るメカニ…

レッドツェッペリン!?いや、バイオペリン!

バイオペリンって名前はいかにも化学物質的要素を含めていますが、実は黒胡椒が正体なんです。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

yuta

ジャンルは様々!

生活に耳よりな役立つ情報をお届けします。

野球好きなので、スポーツは野球情報が充実する予定、、、