世界中が、前例のないピンチに襲われた2020年。プロ野球界も、多くの試合が延期になるなど、数々の打撃を受けました。そんな1年を振り返るタイミングである今、ピンチを守り抜き戦っているすべての人たちへ、感謝を伝える内容となっています。

動画の公開を記念し、過去の三井ゴールデン・グラブ賞受賞者である元投手・西崎幸広氏、元捕手・里崎智也氏、元遊撃手・田中幸雄氏に特別インタビューを実施。コロナ禍を支えてくれている方々へのメッセージや、野球への想い、野球をするうえでのポリシーなどを語っています。

さらに、今年度の受賞選手の金の特製サイン入りボールが当たるキャンペーンも実施します。

<三井ゴールデン・グラブ賞 公式HP>
https://mgg.mitsuipr.com/ 
(キャンペーンページの公開及び受賞選手の発表は2020年12月18日(金)予定)

Web動画『ピンチを守り抜く全ての人に感謝を』について

本Web動画は、新型コロナウイルスの流行により突然訪れたピンチの中で、野球を守り抜いてくれているすべての人たちへ感謝を伝えるために制作されました。動画内に登場する選手名言は、スポーツ総合雑誌『Sports Graphic Number』の公式サイト「Number Web」の協力のもと、『NumberWeb スポーツ名言集』より引用しています。

【企画背景】
世界中の生活様式を変えてしまった、新型コロナウイルス。スポーツ界でも東京オリンピックの延期、春夏高校野球の甲子園大会の中止と、異例の措置が相次ぎました。プロ野球の開幕も危ぶまれましたが、約3か月遅れで無事シーズンが開幕。やっとの思いで観戦できるプロ野球に、歓喜の声がニュース等でも報道されました。
それに伴い、三井ゴールデン・グラブ賞に関しても、例年より1か月遅れでの発表が決定。受賞選手発表と表彰式の日程は、1年を振り返る年末の時期でもあります。そこで、このコロナ禍で野球を支え、ピンチを守り続けてくれている選手やファン、そしてスタッフなど、すべての人たちへの感謝の気持ちを表現するために、本Web動画を制作いたしました。

【概要】
動画には選手の名言が登場。三井ゴールデン・グラブ賞のワクワクや感動をお届けします。

かつてこれほど、守ることの大切さを知ることがあっただろうか。
守ることで見えた美しいドラマ。
私たちはその瞬間を見守り続ける。
ピンチを守り抜くすべての人に感謝を。
三井ゴールデン・グラブ賞今年も決定!

三井ゴールデン・グラブ賞 過去受賞者特別コメント

本動画の公開を記念し、過去の三井ゴールデン・グラブ賞受賞者である元投手・西崎幸広氏、元捕手・里崎智也氏、元遊撃手・田中幸雄氏の特別コメントを公開します。コロナ禍を支えてくれている方々へのメッセージや、野球への想い、野球をするうえでのポリシーなどを語ります。

【インタビュー内容詳細】
――医療従事者や野球ファンなど、コロナ禍を支えてくれた人々へのメッセージをお願いいたします。
西崎氏:開幕延期や無観客試合、入場制限など、異例の事態の中でのシーズンでしたが、感染拡大の大変な状況下でも必死に支えてくれた医療従事者の皆さんや、開幕を心待ちにし、シーズン中もこれまで通り、支えてくれたファンの皆さん、感染予防対策など、細心の注意を払い、安全な試合の実施に向けて取り組んだNPB、各球団の努力。多くの方々の支えや協力があって成立したシーズンだと思います。プロ野球OBの一人として、改めて野球ができることの喜びや有り難さを強く感じました。

里崎氏:コロナの影響で開幕がずれ込んだものの、今こうして順調にシーズンを消化できているのも、あの厳しい時期を医療従事者の皆さんに懸命に取り組んで支えて頂いたお陰だと思います。皆さんの支えがあったからこそ、社会生活や企業活動、経済活動が徐々に戻ってきて、プロ野球も感染予防をしながら開催できる状況になったので、プロ野球のOBとして非常に感謝しています。また、無観客や入場規制、応援や観戦スタイルの変更など、これまでとは大きく異なる中でも、より一層前向きに応援し続けてくれるプロ野球ファンの皆さんを見ていると、本当に有り難いですよね…。僕も熱い気持ちがこみ上げることが何度もありました。選手や各球団、NPBや報道関係者などの感染予防の取り組みも含めて、コロナ禍でも試合ができるのは、色々な人たちの“協力”や“団結”があってこそだと感じています。

田中氏:感染拡大が進む中、過酷な勤務状況やご自身の感染リスクなど、様々なものを乗り越えながら懸命に支えてくれた医療従事者の方々のご尽力があったお陰で、今季も開幕することができました。本当に頭が下がる想いで「感謝」の一言に尽きます。なかなか先が見えず、つらい時期もあった中、熱い気持ちで後押ししてくれたファンの皆さん。無観客試合や入場制限などもあり、球場では大きな声を出して応援することもできませんでしたが、こういう状況だからこそ、ファンの“熱い気持ち”や“心の声援”は選手に届いていたし、より強く響く部分もあったと思います。これまでプロ野球がある状況が当たり前でしたが、今回のコロナ禍を経て、野球のある生活の幸せを改めて感じました。

――いま、徐々にまた野球が出来るようになってきましたが、いかがですか?
西崎氏:これまで普通に野球ができていた中、コロナの影響でそれが叶わなくなり、再び野球ができる環境が整うまで、こんなにも難しいものか…と実感しました。みんなで苦しい経験をした中、自分自身も野球に対する考えや想いを今一度、見つめ直す機会となり、新たな気持ちが芽生えたのを感じます。プロ野球が開催されなければ、当然、解説の仕事も無くなり、安全な環境が整わなければ、野球教室や野球関連のイベントも中止になります。みんなの努力や協力によってプロ野球が開催され、感染対策をしながら野球教室なども徐々に実施される状況になってきました。将来のプロ野球選手を夢見る子どもたちが数多くいる中、子どもたちの夢をつなげられる、未来を応援できるように、プロ野球OBとして自分にできることを続けていきたいです。今後も状況が少しでも良くなっていって欲しいです。

里崎氏:今季はレギュラーシーズンが120試合と少なくなりました。また残念ながら、一部の選手や球団スタッフからは感染者が出てしまいましたが、こうしてシーズンを全うできたことは素晴らしい結果だと思っています。

田中氏:こういう状況ですし、今後100%元通りに、とはなかなかいかないですよね。「with コロナ」の状況は当分続くでしょうから…。私自身、当然、基本的な感染予防は徹底しています。仕事以外での外出は極力控えています。解説の仕事で球場入りした際も、選手や球団関係者と直接会って話をすることもできませんし、やはり寂しさはありますよね。ただ、そんな中でも、色々な対策や工夫をしてきたことで、この状況だからこそ逆に“新しく見えてきたこと”や“発見”もあったように思います。SNSを使った新しい応援スタイルやWEBを活用した観戦やファンとの交流イベントなど、話題にもなりました。早くみんなで楽しめる状況になることが一番ですが、今回のことで新しく見えた良い部分については、今後も活かしていければと思います。

――三井ゴールデン・グラブ賞といえば、“守備のベストナイン”を表彰する賞ですが、野球をするうえで「これだけは守り抜きたい」というポリシーや想いはございましたか?
西崎氏:プレーするうえで自分の中には「チームの勝利のために頑張る」というのがありました。常に“For the team”の気持ちで取り組むこと。その結果、タイトルや個人成績、評価は後からついてくるものだと思いながら現役中はプレーしてきました。それは三井ゴールデン・グラブ賞を受賞した際も同じです。この賞の根底には、単に華麗な、誰もが認めるような好守というだけではなく、“守備”を通して、いかにチームに貢献できるか、チームのピンチを救えるか、チームの為に全力を尽くせるのか、という本質的な部分も含まれていると感じます。プロとして最高のパフォーマンスを発揮するには、普段の練習や体のケア、コンディショニング、試合までの入念な準備、試合中の状況判断や予測など、選手の姿勢による部分も関わってきます。そういう点では、自分の考えに重なる部分があると思っています。

里崎氏:自分が心掛けていたことは、“誰でもできる普通のこと”を“完璧にすること”です。派手なプレーやスーパープレーはなかなか出るものではありません。“ここ一番”の勝負所で良いプレーをする為には、まずその前提として、日頃から当たり前のプレーを完璧にするという意識を持ちながら練習や準備しておくことが大切だと思っています。

田中氏:野球をするうえでは“努力を欠かさないこと”。試合においては“自信を持って臨むこと”、“気持ちを強く持つこと”を意識してきました。加えて、試合で良い結果を残す為に重視してきたのは“集中を研ぎ澄ますタイミング“です。勝負どころの打席、走塁時の一歩目、ピンチの際の守備など、試合結果を左右するような場面では、より集中を高めることを意識してきました。

【プロフィール】
西崎 幸広(にしざき ゆきひろ)
元日本ハムファイターズ・投手。
三井ゴールデン・グラブ賞受賞2回(1988年、1996年)。
現在は野球解説者として活動。

里崎 智也(さとざき ともや)
元千葉ロッテマリーンズ・捕手。
三井ゴールデン・グラブ賞受賞2回(2006~2007年)。
現在は野球解説者、千葉ロッテマリーンズ スペシャルアドバイザーとして活動。

田中 幸雄(たなか ゆきお)
元日本ハムファイターズ・遊撃手。
三井ゴールデン・グラブ賞受賞5回(1988年、1990~1991年、1995~1996年)。
現在は野球解説者として活動。

『クイズに答えてサイン入り金の特製ボールプレゼントキャンペーン』について

三井ゴールデン・グラブ賞受賞選手のサイン入り金の特製ボールが当たるキャンペーンを実施します。クイズの答えをTwitterに投稿、または応募フォームに記入して送るだけで参加できるキャンペーンとなっています。

【概要】
■キャンペーン名称:正式名称は「三井〇〇〇〇〇グラブ賞??」
クイズに答えてサイン入り金の特製ボールプレゼントキャンペーン
■応募期間:2020年12月18日(金)~2021年1月8日(金)
■賞品:第49回三井ゴールデン・グラブ賞受賞選手のサイン入り 金の特製ボール
■応募方法:
Twitterの場合
1.三井ゴールデン・グラブ賞公式Twitterアカウント(@mitsui_gg)をフォロー。
   アカウントURL:https://twitter.com/mitsui_gg 
2.キャンペーンツイートより、クイズの回答を選んで投稿。
3.応募完了。

応募フォームの場合
1.クイズの回答と必要事項を記載し投稿。
2.応募完了。

三井ゴールデン・グラブ賞について

三井ゴールデン・グラブ賞とは、卓越した守備によりチームに貢献し、プロの技術を発揮したプレーを基準として選出された「守備のベストナイン」を表彰するものです。総合的な技能を基本として選ばれる従来のベストナインとは観点を異にしています。1972年にダイヤモンドグラブ賞としてスタートし、1986年に三井ゴールデン・グラブ賞という現在の名称になりました。日本のプロ野球選手のうち、選考基準に達したプレイヤーの中から、新聞社、通信社、テレビ局、ラジオ局のプロ野球担当記者として5年以上にわたり現場での取材を主に担当している記者の方々が投票で選ぶ権威ある賞の一つです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

エプロン姿の主婦・優香がパピコダンスを披露! みんなの悩みをパピコで解決!?

江崎グリコ株式会社は、2018年8月29日(水)より、誰かと一緒にリフレッシュしたいシーンにピッタリなパピコ…

まもなくリオ五輪!気になる日本のメダル候補は?【女子編】

できるだけたくさんのメダルを持ち帰ってきてもらいたいですね。

―「親の見守りについての調査」- 約8割が離れて暮らす親が心配と回答 具体的な見守り…

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:尾関一郎)は、親と離れて暮らす全国の 40 代 50 代の男女 5…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。